トップクラスの経営者が大事にしている経営資源

大事な経営資源

こんばんは、相原です。

一般的に経営資源がプラスであれば、会社はいい状態で
マイナスだと会社は悪い状態になります。

それで巷では「ヒト」「モノ」「カネ」が
経営資源と言われていますよね。

なので、「ヒト」「モノ」「カネ」を
しっかりと集めることが重要とも言われています。

しかし

「ヒト」「モノ」「カネ」がたっぷりとあるのに
ビジネスに失敗して倒産したなんて会社はいくらでもあります。

 

では、なぜ失敗してしまうのかといいますと、
目に見えない経営資源をおろそかにしているからです。

はっきり言って

「目に見える資源<<<目に見えない資源」

です。

そこで目に見えない経営資源について、詳しく解説していきます。

目に見えない3つの経営資源の正体

目に見えない経営資源の一つ目は「信頼」です。

これは信頼残高とも言いますね。

お客さんからどれだけ信頼されているかは
ビジネスに大きく影響します。

信頼されているから
何回も商品を買ってもらえますし
よい口コミが広がりますし
知人に紹介してもらえるのです。

 

いくらヒト、モノ、カネがあっても
信頼がなければビジネスがうまくいくわけがないです。

逆にヒト、モノ、カネが不足していても
信頼があれば、ビジネスは何とかなります。

それくらい大切な経営資源です。

 

次、目に見えない経営資源の二つ目は「感情」です。

人には感情があるので、
社員をただの道具としてしか扱わないと、不満がたまります。

合理主義や効率優先の会社だと、起こりやすい事態です。

負の感情が溜まると、
社員にとって会社はどうでもよくなるのです。

だからこそ、

  • 優秀な社員が一斉に辞める(裏で手を結んで)
  • 備品の窃盗が起こる
  • 接客の態度が悪くなる
  • 仕事のミスが多発する
  • いいかげんな仕事で中途半端なものになる

などの問題が発生するのです。

 

こんなことが起これば、
会社がうまくいかないのは当然ですよね?

また、お客さんを財布としか見ていない場合も
うまくいきません。

人のプラスの感情が増えるようにすれば、
色々なことがうまく回るようになりますよ。

 

そして、最後、
目に見えない経営資源の三つ目はなんだと思いますか?

これは最も重要な経営資源で
すべての経営資源に影響を与える核です。

これさえあれば、ビジネスで成功することも可能です。

センスのある人であれば、なんとなく分かると思います。

 

あまり引き伸ばしても、あれですので、
答えを言いますと「情報」です。

「やっぱり」って思いました?

それならなかなかセンスがありますね。

 

それでなぜ情報さえあれば、
ビジネスで成功できるのかといいますと

情報があれば、

  • 「優秀な人を育てる」ことができます
  • 「素晴らしいモノを作る」ことができます
  • 「お金を稼ぐ」ことができます
  • 「信頼を得る」ことができます
  • 「感情を操る」ことができます

情報という経営資源さえがあれば、
他の経営資源が少ない状態でも
ビジネスを成功させることができるのです。

だからこそ、一にも二にも情報なのです。

 

実際に成功している経営者や大企業の経営者の多くは読書家です。

マイクロソフトのビルゲイツ
ユニクロの柳井さん、ソフトバンクの孫さんなどは
かなりの読書家として有名ですよね。

それは情報が大事ということをよく知っているから
日々勉強をしているのです。

 

もしビジネスがうまくいっていないなら、
情報の扱いが雑だからうまくいっていないのです。

なので、ビジネスを成功させたいなら
何よりもまず先に情報資産をためることを意識しましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す