ユニークなコンテンツを生み出しお客さんを喜ばせる方法

ユニークなコンテンツ

こんばんは、相原です。

メルマガやホームページで有益な情報発信をすることで
お客さんの満足度を高めることができるので
どんどん情報発信をしていこうと僕はよく言っています。

ただなかなかコンテンツが作れなくて

情報発信がうまくいかなくて困っている人も多いです。

 

そこであなたのお店独自のコンテンツを作り出す方法を紹介します。

簡単に作り出す方法を紹介するので実践しやすいですし、
作ったコンテンツをお客さんに教えれば喜ばれますよ。

お客さんが求めているものは何か?

まずコンテンツを作るにあたって
お客さんがどんな情報を求めているのかを探る必要があります。

全く求めていない情報を提供しても喜ばれませんからね。

 

例えば、本気でダイエットをしたいと思っている人に
スイーツなどの甘いものの情報を提供しても喜ばれませんよね?

「せっかくダイエットしようとしているのに
余計なこと教えないでよ!」

と反発される可能性すらあります。

なので、まずはお客さんが何を求めているかを探るのです。

 

それで探る方法は2つあります。

  1. 人の根源的な欲求から察する
  2. どうなりたいのかを察する

1.人の根源的な欲求から察する

人にはある程度共通した欲求があります。

最もよく知られているのは、
睡眠欲、食欲、性欲の三大欲求です。

ただこれ以外にも人の欲求はありますよね。

 

そこでもう少し使いやすいのが
「生命の8つの躍動」です。

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物、飲み物を味わいたい
  3. 恐怖、痛み、危機を免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に勝り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い、守りたい
  8. 社会的に認められたい

この8つの中から、
あなたのビジネスに関係しそうなものを選び
大まかな予想を立てていくのです。

2.どうなりたいのかを察する

上の8つを使ってある程度の方向性を決めたら
お客さんはどうなりたいのかを具体的にイメージしましょう。

その時に、あなたのお店の常連さんや大事にしたいお客さんを
イメージしながら考えてみてください。

「○○さんは、どうなりたいんだろう?」と

そうすることで、お客さんが求めているものを察しやすいです。

 

例えば、美容室でAさんがいたとしましょう。

Aさんのことを考えながら、
Aさんは髪の毛を切ることでどうなりたいのか?を考えた結果

「もてたいんじゃないかな?」という予想が立つということです。
(生命の8つの躍動の4番)

こんな感じで、お客さんが求めているものを探りましょう。

お客さんの共通点と違いを見つける

上の手順に従ってお客さんが求めているものを知ることができたら
それに関するコンテンツを作っていきます。

その時には「求めているものを実現しているお客さんの共通点」や
「実現しているお客さんと実現できていないお客さんの違い」を探してください。

 

例えば、もてたいとなった時に
一つの特徴として、彼氏(彼女)がいるかどうかがありますよね。

その時
「彼氏のいる女性」と「彼氏がいない女性」の違いは何か?
というのを見つけるのです。

それで彼氏のいる女性にはいくつか共通点があるはずです。

例えば、

  • 笑顔がかわいい
  • 気配りができる
  • お喋りがうまい
  • 背筋がピンと伸びている

などなど

そういった共通点を見つけて、
お客さんに教えてあげればいいのです。

  • かわいい笑顔の作り方
  • 正しい気配りの仕方
  • おしゃべりが上手になる方法
  • 背筋をピンと伸ばす方法

こんな風にコンテンツを作ることができます。

 

コンテンツを作るのが大変なのであれば、
実現できているお客さんにインタビューをして
それを一つのコンテンツにするのもありですね。

自分の知っている情報を出し尽くしたり
なかなか面白い情報を発信できていないという場合には
この方法を使って、新しいコンテンツを作り出してください。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す