売り込まずに商品を売るストーリー技術

こんばんは、相原です。

 

・売るのが苦手意識を持っていたり
・なかなか来店に繋げられない

という悩みを持っている人は多いですが
そのときに効果的なのが

「お客様の声」

です。

 

お客様の声というのは
チラシを書くときによく使われますよね。

僕はもっと汎用性が高いものだと思っているので
あらゆる媒体に使ったほうがいいと
アドバイスしていますが、

お客様の声は
ただ載せればいいわけじゃありません。

ほとんどの人がその力の
10分の1も引き出せていません。

 

引き出し方は色々ありますが
僕が最も影響力が大きいと考えているのは

「疑似体験効果」です。

 

「ある悩みを抱えている人が
商品を買ったら悩みが解決した」

というストーリーを
疑似体験してもらうことにあるんです。

このポイントがとても重要なんです。

よくある一言のお客様の声は
ほとんど効果はないです。

一言の声を10個載せるよりも

一人の声をちゃんとしたストーリーで
載せるほうがはるかに効果が高いです。

 

 

なんで疑似体験効果が
とても重要なのかというと

「ある悩みを抱えている人が
商品を買ったら悩みが解決した」

というストーリーを
リアルに書くことができると

相手の潜在意識に

「うちの商品を買えば
悩みを解決することができます」

と伝えることができるんです。

 

すると

売込みを一切していないのに
物が売れるようになります。

これが結構恐ろしくもあり
効果的でもあるポイントなんです。

売り込みが苦手という人ほど
お客様の声はうまく使ったほうがいいですね。

 

ちなみに、人は差分に反応する生き物なので
しっかりとビフォーアフターを伝えるのが大事です。

アフターだけ伝えてもあまり効果はないです。

 

売れる仕組み道場のほうでは
アンケートを取る時の5つの質問を紹介しましたが

あの形式は効果の高いお客様の声を
引き出しやすい形にまとめています。

あれらの質問を使って
個別にお客様にインタビューして

チラシに載せたり
ニュースレターに載せたりすると
かなりいいんじゃないかなと思います。

道場メンバーの人はぜひ試してみてください。

それでは

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す