整体院のチラシの作り方!集客効果の高い書き方やキャッチコピー

こんばんは、相原です。

 

整体院やカイロプラクティックで
集客をするとき
チラシは一つの定番の集客方法です。

集客効果の高いチラシが
1枚作れてしまえば、
配る地域を変えることで
何度も多くのお客さんを集めることができます。

僕のクライアントでは
4000枚配って
22人集客できた整体院もあります。

 

ただ多くの整体院やカイロプラクティックでは
1万枚配っても1人くらいしか集まらない
と悩んでいるケースが多いです。

こういう悩みを抱えている場合

チラシの中身が悪い

と思ったほうがいいです。

きちんとした中身のあるチラシを書ければ
お客さんを集めることができます。

 

そこで今回は集客効果の高い
チラシの書き方を紹介していきます。

コピペで使えるキャッチコピーも
用意したので、ぜひいいチラシを
書けるようになってください。

整体院のチラシのキャッチコピーが一番重要
整体院のチラシの集客効果の高い作り方
整体院のチラシはオシャレなデザイン?手書きはダメ?

・整体院のチラシのキャッチコピーが一番重要

チラシを書くとき、
最も力を入れるべきポイントは
キャッチコピーです。

とにかく読まれなければ
どんなチラシを作っても無意味なので

キャッチコピーで
人目をひきつけなければいけません。

すぐにゴミ箱に捨てられるチラシになるのか
読まれるチラシになるのかはここが分かれ目です。

読まれるために
あなたの整体院のターゲットに
刺さるキャッチコピーが必要なんです。

 

これにははっきり言って
正解がないので難しいところです。

反応率が高いキャッチコピーを作るには
ABテストするしかありません。

 

ただ僕のクライアントでも
いいキャッチコピーのアイデアが思いつかない
という人は多いです。

そこで整体院やカイロプラクティックに特化した
キャッチコピー21個を紹介します。

コピペしてもいいですが
個人的には多少アレンジすることをおすすめします。

・こだわり型

  • 「トップクラスの施術で腰の痛みの根本的な治療をしませんか?」
  • 「一流の腕を持つ整体師による施術を体験すれば、あっという間に肩こりが治ります!」
  • 「本物の整体を体験してみませんか?」
  • 「あなたの体を最高の状態に戻す奇跡の指」
  • 「改善度95%以上!最高レベルの整体院であなたの肩こりなくします」
  • 「腰の痛みが一瞬で消える神の手」
  • 「たったの1回で慢性化した腰痛を治します」

 

あなたのお店の売りやこだわりを
前面に出したキャッチコピーです。

腕に自信がある整体院や
カイロプラクティックをコンサルしたときには
これをよくおすすめします。

すると、結構いい反響率が出ます。

・お客さんのお悩み解決型

  • 「長い間ひざの痛みを抱えていませんか?」
  • 「首の痛みを我慢していませんか?」
  • 「腰痛でデスクワークがつらくないですか?」
  • 「溜まった肩こり取りませんか?」
  • 「階段を登る時、ひざ痛みませんか?」
  • 「姿勢が悪いといわれたことありませんか?」
  • 「O脚は治らないと思っていませんか?」

 

多くのお客さんが悩んでいる悩みを
提案することで
その悩みを抱えているお客さんの注意を引けます。

そのあとに
「うちに来ればその悩みを解決できますよ」
という文章を書けば、
スムーズにお客さんを誘導できます。

お客さんを大事にしていた整体院の場合
よく悩みが分かっているのでこれを使います。

 

ありきたりな悩みよりも
多くの整体院やカイロプラクティックでは
解決できないような悩みを
提案できると、差別化にも繋がります。

すると、集客効果が高くなりますね。

 

この形のキャッチコピーを使った
クライアントの整体院では5000枚
ポスティングチラシで配って
21名予約あった成功例もあります。

・お客様の声型

  • 「どうしてこんなにいい整体院を紹介してくれなかったの!」
  • 「なんでもっと早くこの整体院に出会わなかったんだろう」
  • 「この整体院に出会えて本当に良かったです!」
  • 「こんなに肩が軽くなるなんて思いませんでした」
  • 「一回の施術で猫背が矯正できるとは思いませんでした」
  • 「腰痛がなくなったので仕事がはかどります」
  • 「長年抱えていたひざの痛みがなくなって快適です。」

 

お店の主張ばかりだと
どうしてもバリエーションが少なくなりがちです。

すると徐々に反応率が下がるので
アクセントを加えるために
これを使うことが多いです。

お客さんからの感想を使うことで
自分では見つけられなかった魅力が
見つかるということもあります。

なので、普段からお客さんの声を
集めておいた方がいいですよ。

・整体院のチラシの作り方

キャッチコピーを作ったあと
残りの部分を埋めていきます。

そのとき、何を書くべきかは
整体院やカイロプラクティックごとに
変わってきます。

コンサルをするときには
一つ一つ細かく見ていきますが
さすがにブログ記事では無理なので、

ここでは

一つの基本的なテンプレート

を紹介します。

どんな内容を書けばいいのか分からないときには
このテンプレートにしたがって
残りの部分を埋めてみてください。

表面

・キャッチコピー
・お客さんの悩み
・売りや特徴

お客さんの悩みを書いて
悩みを抱えている人の興味を引き

あなたの整体院の売りを示すことで
その悩みが解決できるという形になります。

つまり

「うちはこんな悩みを抱えている人のための
整体院(カイロプラクティック)なので
悩みを解決したい人は来てください」

ということを伝えているわけです。

 

なので

・お客さんがどんな悩みを抱えているのか?
・あなたの整体院の売りや特徴は何なのか?

この2つは徹底的にリサーチしてください。

このリサーチの質で
集客効果が変わってきます。

裏面

・お客様の声
・連絡先・場所

 

表面で悩みが解決できるといっても
本当に悩みが解決できるか証拠がありません。

そこで

お客様の声を載せることで
本当に悩みが解決できることを示すのです。

可能であれば、写真を使って
実際の声であることを
きちんと示したほうがいいです。

なので、日頃から
お客様の声を集めましょう。

 

また連絡先や整体院の場所を
書き忘れることがないようにしてください。

以前うちのポストに入っていた
チラシを見ていたら

連絡先や店の場所などが
書いていないチラシを
見たことがあります。

他の中身もしょぼかったのですが
連絡先や住所がなければ
絶対に予約や来店には繋がりません。

 

さすがにあなたは
そんな間抜けなことはしないと思いますが。

ちゃんと書いたつもりでも
書けていないこともあるので
何回も復習して作りこんでみてください。

・整体院のチラシはオシャレなデザイン?手書きはダメ?

チラシというと
結構オシャレなデザインで
キレイな写真が使われていて

みたいなチラシが多いです。

 

そのせいかキレイなチラシじゃなきゃ
いけないと思っている経営者も多いです。

でも、

手書きで多少汚いチラシでも
余裕で集客できます。

手書きのチラシを1万枚配って
30人くらい集めた
整体院のクライアントもいます。

ポスティングチラシは
1万枚で1人が相場なので
約30倍の効果が出ましたね。

 

内容がきちんとしているチラシなら
十分集客できます。

逆に中身がダメなチラシを作ったら
ほとんどお客さんは来ないですね。

 

はっきりいって

キレイななデザインのチラシだから
お店に行くなんてことはありえないです。

あなたは

「このチラシキレイだから
一度言ってみようかな」

と思ったことは一度でもありますか?

たぶんないと思います。

だから、あまりデザインに
こだわらなくても大丈夫です。

 

むしろ手書きの方が
他の整体院と差別化ができるので
人目を引くこともできます。

高いデザイン料を払うくらいなら
その分枚数配ったほうが
お客さんは集まります。

あまりデザインを気にするのではなく
中身に力を注ぐようにしましょう。

まとめ

整体院やカイロプラクティックの集客の場合
近くに住んでいる人が
ターゲットになるので

その人たちにアプローチできる
チラシはまだまだ使えます。

 

ただ配れば結果が出るわけではないので
きちんとした中身を作りましょう。

そうしなければ、お金の無駄になります。

 

また僕が見ている限り
集客に悩んでいる整体院の多くは

集客じゃない部分に
問題を抱えているケースが多いです。

 

そもそもとして売れる仕組みがないと
どんなに集客を頑張っても
売上や利益を増やすことができません。

多くの利益を上げながら
お客さんに感謝されるようなお店を作るためにも

売れる仕組みは絶対に知っておいたほうがいいです。

 

売れる仕組みについては
メルマガ登録でプレゼントしている
戦略動画で解説しています。

>>メルマガ登録して無料プレゼントを受け取る

 

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

Facebook限定情報を配信予定

コメントを残す