女性一人で美容室の経営で月商100万円を目指す方法の相談

女性美容室月商100万円

質問

女一人で美容室を経営しているのですが
料金はカット3500円、パーマ8000円、カラー6000円です。

お店の雰囲気はお客様がリラックスできるような
のんびりとした空気感があります。

また、お店の売りはオーガニック系の自然なものを使っていることです。

お店の理念が自然さを大事にするです。

このようなお店で月の売り上げが
100万円以上、できれば120~130万円くらい欲しいのですが
どうすればいいでしょうか。

答え

答えを紹介する前に・・・

 

あなたが美容室の経営者で本気で売上アップを望んでいるなら
こちらの無料動画で学ぶのが絶対におすすめです。

>>本気で売上アップを目指す美容室の経営者のための戦略動画はこちら

 

1.まずは具体的な数値を出して戦略を考えよう

現在の客単価、集客人数、売上などが
よく分からないので、何とも言えませんが、

月商100万円以上を目指すに当たって
まずは具体的な数値を出してみましょう。

 

例えば、週1休みの場合、営業日は26日なので
一日の売り上げが約4万円必要です

4×26=104万円

 

次に1日の売上が4万円ならば、
何人のお客様が必要かを考えます。

客単価が5000円の場合
8人のお客様が必要です。

一人当たり1時間として、8時間ですね。

 

実際には二人相手にする場合もあるので
(プライベートサロンでない場合)
もう少しゆとりがあると思いますが結構大変です。

それに休日なら人が集まりやすいですが、
平日にひっきりなしでお客様が集まるようにするには
よほど集客をうまくやらないといけません。

いわゆる人気店にならないといけないので。

現実的には肉体的にもある程度、
お客さんとお客さんの間に時間があったほうがいいです。

 

そこでお店の売りが自然なものを使っているとのことですので
もっと値段を上げることを考えます。

お客様を満足させるだけの技術があるのが前提ですが
1.5倍~2倍の料金でも人を集められます。

 

仮に料金を2倍にすれば、集客人数は半分で済むので
もっとお客様の満足度を高めることに力を使えます。

客単価が1万円いけば
1日4人お客様を相手にすれば月売上100万円を達成できます。

 

この数字はあくまで例ですが、こんな感じの計算をして、

  • 集客数が足りないのか
  • 客単価が安いのか

など、何が足りないのかを把握しましょう。

そうすることで、次に何をするべきかが見えてきます。

戦略を立てたらそれを実行する現実的な売上アップ方法を考える

売上を伸ばすためには

  • 客単価を上げるか
  • 集客人数を増やすか(リピーターも含める)

のどちらかをしなければいけません。

※売上=集客人数×客単価

 

ここからは個人的な意見ですが

一人で経営をしている場合、
むやみに数を増やすと対応しきれなくなり
お客様の満足度が低下しやすいです。

すると、リピーターの数が減りずっと新規集客をしなければいけません。

新規集客はお金がかかるし大変なので、
経営を安定させるためにはリピーターの存在は必要不可欠です。

なので、なるべく客単価を上げつつ、
お客さんをより満足させる方法を考えることを意識した方がいいですね。

 

それで客単価を上げる方法の具体的な案については
人それぞれ違うので御自身で考える必要があります。

少しでも考えやすいように、考える時のポイントを紹介すると

どうやればそのお金を支払ってもらえるほどに
お客様を満足させることができるか

を考えれば、お客様を失客することなく売上を伸ばせます。

例えば、

  • カットを1万円にするなら何をすればいいのか?
  • カット+カラー+トリートメントで1万5千円にして
    お客さんに喜んでもらうにはどうすればいいか?

などを考えるようにするのです。

そうすることで質の高い施術で口コミが広がって
高い料金でも妥当と思ってもらえるようになりますよ。

なので、ぜひ考えてみてください。

 

もっと詳しく売上を伸ばす方法を知りたい場合は
無料メール講座をやっているので、そちらで勉強をしてください。

>>無料メール講座の登録はこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す