狭いお店と広いお店の売上アップ方法とは?コンセプトがカギ?

大きい 小さい 勝負

こんにちは、相原です。

個人店だと狭いお店を構えることが多いと思いますが、
中小企業レベルだとある程度大きめのお店を持つこともあります。

もちろん地域にもよりますが。

 

一見、店の大きさで売り上げの上げやすさというのは
関係しているように思えるかもしれませんが狭い店舗でも
大きな利益を出すことは可能です。

また、大きな店舗でも
やり方を間違えれば、利益が出なくなってしまいます。

 

そこで今回は狭いお店と広いお店のメリット・デメリットを紹介しつつ、
本当に大事なポイントを紹介していきます。

  1. 繁盛するお店を作る時に使える!狭い店舗の特徴
  2. 繁盛するお店を作る時に使える!広い店舗の特徴
  3. 狭いお店と広いお店のそれぞれで工夫するべきポイントについて
  4. 客単価を高めるのに大事なことは、お店で何を提供するか?

1.繁盛するお店を作る時に使える!狭い店舗の特徴

狭い店舗の利点

  • 初期投資の額が少なくて済む
  • 個別の対応しやすい
  • お店のこだわりを表現しやすい

狭い店舗の欠点

  • たくさんの人に対応することが難しい
  • お客さんに窮屈感を感じさせやすい
  • メニューの数を増やすことが難しい

2.繁盛するお店を作る時に使える!広い店舗の特徴

広い店舗の利点

  • お客さんの数を増やせる
  • ゆったりとした空間を作りやすい
  • メニューの数を増やしやすい

広い店舗

  • 初期投資額が大きくなりやすい
  • 個別の対応が難しい
  • 作業量が多く、雑になりやすい

3.狭いお店と広いお店のそれぞれで工夫するべきポイントについて

簡単に利点と欠点をまとめましたが
それぞれの特徴をさらに簡単にまとめると

「狭い場合は高い満足度を得やすいので、客単価を高めやすい」

「広い場合は多くの人を集められるので、集客人数を高めやすい」

 

売上=集客人数×客単価

なので、それぞれ片方を高めやすい特徴があるのです。

 

ただどちらの場合でも、集客人数のキャパシティは存在します。

なので、客単価を高める方法は
どちらの場合でも重要になってきます。

そこで客単価を高める方法について、もう少し詳しく解説していきます。

4.客単価を高めるのに大事なことは、お店で何を提供するか?

客単価を高める場合には
「どれだけお客さんに価値提供ができるか?」
という視点で考えることが大事です。

「何を提供できるのか?」

当然商品・サービスを提供するわけですが、
それ以外にも提供できるものってありますよね。

例えば、カフェだったら
癒しの空間とかを提供している所多いですよね

この場合ですと
コーヒー+癒しの空間

この2つを提供するわけです。

 

癒しの空間に当たるものを
付加価値とも言ったりしますね。

付加価値を提供するにあたって大事なのは
お店のコンセプトに合ったものをプラスすることです。

お店のコンセプトに合わないものを付け足しても
違和感があり、逆に満足度が下がってしまうことがあります。

 

例えば、カフェの例をそのまま使いますと

「より快適なコーヒータイム」
をそのお店のコンセプトとしましょう。

すでに「コーヒー+癒しの空間」
があるわけですが、ここに何を提供できるのかを考えるのです。

そうすると

「ホスピタリティの高い接客」
「癒し効果の高いBGM」

とかがありますよね。

しかし

賑やかな接客で、ロック調の曲を流すと
そのお店の良さが消えてしまいますよね。

 

こんな風に、お店のコンセプトに合わせて
何を提供するかを決めるようにしましょう。

ちなみに、ユニークなコンセプトを作れば
その分ユニークなものを提供することができるので
お客さんにより喜んでもらうことができますよ。

まとめ

狭いお店と広いお店
それぞれ特徴があるので、その特徴に合わせて
戦略を変えていきましょう。

また、客単価を高めるためには
お客さんへどれだけ価値を提供できるかです。

ユニークなコンセプトであれば
高い価値提供ができるので、頑張って作りましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す