小さな会社のネットショップ開業・経営で絶対に守りたいコツ

ネットショップ開業・経営

こんばんは、相原です。

実店舗で商品を販売しているビジネスの場合
インターネットを使えば、たくさんの商品を売ることができますよね。

例えば、アマゾンや楽天を使うという手もありますし
自社でネットショップを開設するのもありです。

それでインターネットは便利でかつ商圏が広がるので
色々な商品を置きたくなりますよね。

実店舗感覚だと、
1つの種類よりも10種類あったほうがお客さんは喜ぶ
という感覚があるでしょうし。

品揃えの部分はお店の選ばれる理由としても上位にランクインします。

そんな理由で何千種類と商品を置いてしまう小さな会社も多いです。

 

ここでちょっと考えて欲しいのは
大量の商品を扱うという戦略は大企業も使います。

そんな大企業と戦えるだけの力はありますか?

大企業はキャンペーンをバンバンうったり
値下げを行ったりして、大量に商品を売ることができます。

資本力があるので、薄利多売で競争に勝つことができるのです。

それに対し、小さな会社の場合
資本力があまりないので、金銭的な体力勝負は向いていません。

 

これはインターネットが便利だからこそ、陥りやすい罠ですね。

インターネットはあくまで一つのツールでしかないので
インターネットに使われるということにならないように注意してください。

インターネットは本当に自由度が高いので、
何でもかんでも種類を多くしたり、機能をつけてしまいがちです。

でも、

これではインターネットに使われている状態です。

本当に必要なものだけを厳選して使うようにすることが
インターネットを使う時のポイントです。

 

なので、インターネットを使って
商品を販売する時こそ、商品を厳選するのです。

あなたが心の底から売りたいと思う商品を売るのです。

その思いがあるからこそ、
その商品を売るための努力ができるのです。

インターネットは魔法のツールではないので
ネット販売を始めてもすぐには結果が現れません。

「どうやれば、売れるのか?」

を常に考え実践する必要があります。

そんな努力をする時に、
なんとなく売っている商品では心が折れてしまうのは当然です。

大して売りたいと思っていない商品に力は注げないです。

 

売りたいと思う商品を作ったり見つけたりしたら
それを最大限魅力的に見えるようにアピールするのです。

どんなに良い商品でも、買う時には分かりません。

だからこそ、適切に商品の説明をしてあげる必要があるのです。

  • どんな背景で商品を作ったのか?
  • その商品を使えばどんな変化が得られるのか?
  • どんなこだわりを持って商品を作ったのか?

などを一つ一つ丁寧に説明するのです。

しっかりと説明すれば、
商品の種類が少なくても、たくさん商品は売れます。

売れた商品を主軸にして、
さらにお客さんに喜んでもらうには

  • どんな商品があればいいか?
  • どんなサービスをしてあげるのがいいか?

を考えれば、複数展開していくことも可能です。

 

こういった大きな戦略を立てていくことで
あなたの会社の進むべき道が見えてきます。

戦略選びに失敗すると短期的にはうまくいっても
長期的には苦しい経営になりがちです。

僕のコンサルでは
そんな戦略についても一緒に考えるようにしています。

会社の状況によってもコンサル内容は変わりますが
それなりに売上があれば最初のほうで長期的な戦略を決めることが多いですね。

ちなみにコンサル募集はメルマガが中心でやっているので
コンサルが気になる人はとりあえず登録しておいてください。

>>メルマガ登録はこちらから

まとめ

小さな会社がネットショップを開く時には

大量の商品を置くのではなく、
素晴らしい商品を厳選して置くように心がける

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す