最高の商品を作って高利益ビジネスに変える方法

最高の商品

こんばんは、相原です。

今回は最高の商品作りについて解説していきます。

最高の商品を作ることで利益率の高いビジネスへの転換が楽になります。

小さな会社だからこそ、利益率を高くするべきなので
ぜひ今回の内容もあなたのビジネスに応用してください。

最高の商品がお客さんを最高に喜ばせる

ビジネスで儲けやすいビジネスモデルは
大きく分けると2つあります。

  • 薄利多売
  • 厚利少売

ビジネスをやっているあなたであれば
分かると思いますが、薄利多売は大企業の戦略です。

 

小さな会社の場合は「厚利少売」を目指さなければいけません。

それで厚利少売を実現させるには
高い利益を出す必要があります。

 

それでは高い利益を出すためにはどうすればいいのか?

それは「商品単価を上げる」です。

安い値段でやっていると、どうしても利益が少なくなります。

 

ただそうはいっても、
なかなか値上げを行うことができない経営者が多いです。

安いほうが利益は出にくいですが、
買ってもらいやすいですからね。

また商品単価を上げられない人の特徴としては
マインドブロックといって、精神的なブロックが原因であることが多いです。

「自分なんかがこんな高い値段で売ってもいいのか?」
「高い値段で売るのは申し訳ない」

みたいな事で悩むのがこれに当てはまります。

 

こういった精神的なブロックを外すためには
セルフイメージを一度壊す必要があります。

そこで有効なのが
「自分の最高の商品を作ってみる」ということです。

自分の最高の商品であれば、自然と値段は上がるので
「自分にはこんな力があったんだ」
と思うことができ、自己評価を上げることができます。

 

それで最高の商品を作る時には、
固定観念にとらわれない自由な発想が必要です。

年単位かかるサービスでもいいですし
他のお店が全くやっていないことでいいですし
自分のちょっとしたスキルも活用していいですし
知人に協力を依頼するのもいいですし
今の仕事に関係のないことでもいいです。

とにかくなんでもありで、
今あなたが持っているすべてを使って商品を作ってみてください。

 

ここで元指揮者で指揮者レッスン教室を開いてる人の
エピソードを紹介します。

この方は、学校の先生向けに指揮のやり方を教えていました。

学校ですと、合唱コンクールなどで指揮をやらなければいけないですからね。

この段階では、そんなに高いお金を取れないので
1レッスンあたり、数千円程度しか取ることができませんでした。

それでこの方が最高の商品を頑張って作ったら
”1000万円の商品”を作ることができました。

その内容というのが
「プロのオーケストラを呼んでコンサートで指揮をする」
という商品でした。

1000万円の中には、
会場費やオーケストラの出演料などもろもろ込みです。

もちろんお客さんは6ヶ月間かけて、
マンツーマンで徹底的に指揮の指導を受けた上で
コンサートに望むことができます。

コンサートでプロのオーケストラの指揮をする
なんて経験はかなり貴重な体験です。

またお金を持っている経営者の中には、
目立つというか派手なことが好きな人も多いですし
十分に契約が取れると思いますしね。

 

こうして今までは数千円レベルの商品しか作れないと思っていた人が
「自分は1000万円の商品を作ることができる」と思えるようになれば
その人のビジネスはかなり変わります。

特にお金に対する価値観が変わるのがでかいですね。

ビジネスを加速させるためには、投資意識が重要です。

投資意識というのは、
例えば、1万円の広告費を使って、2万円稼ぐみたいなものです。

将来的なリターンを期待して、
先にお金を使うという意識のことです。

この投資意識が低いと、
たった1万円の広告費を使うにも
「もし広告費しか回収できなければどうしよう」
みたいなことで悩み、作業が止まり、貴重な時間を無駄にするのです。

 

もしお金の価値観が変われば
金額で悩むことが少なくなります。

1000万円の商品が作れれば、
1個売れれば1000万円なわけですから
例えば100万円くらい先行投資しても問題ないですよね?

すると、100万円の投資でも全くビビらなくなるのです

 

積極的に先行投資ができるようになると
本当にビジネスは変わります。

ビジネスの加速に必要なものと出会ったときに
意味もなく溜めているお金があったら積極的に使いましょう。

 

それで話は戻りますが、

一度自分の持っているすべてを使って
最高の商品を作ってみるということをしてみてください。

あなたはもっと大きな金額を稼げる人間です。

その自信を持って、素晴らしい商品を生み出してください。

 

ちなみに、作ってみたら商品化していいと思います。

最高の商品を作るということは、
「お客様にあなたの最高の価値を提供する」ということです。

逆にあなたの最高の商品を置いていないほうが
お客さんに失礼です。

中途半端なものしか出していないわけですから。

会社にとっては大きな利益を得ることができ
お客さんを最大限喜ばせることができる最高の商品

そんな理想的な商品をぜひ作ってください。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す