季節に合わせた商品やメニューや企画の作り方

季節のメニュー

こんばんは、相原です。

今回は、季節限定商品の作り方を解説します。

季節限定の商品は一時的にしか使えませんが、
季節にピッタリはまると、なかなか強力な威力を発揮します。

特に季節ごとに売上が上下する場合は
稼げる時期に稼いだり、稼げない時期の底上げとして
季節限定の商品を使う方法もあります。

意外と汎用性が高い
季節限定商品&メニュー&企画について解説していきます。

  1. 季節の風物詩を使った商品&メニュー&企画
  2. 季節の悩みの解決を使った商品&メニュー&企画
  3. 季節の悩みを加速させる商品&メニュー&企画

1.季節の風物詩を使った商品&メニュー&企画

今書いているのが、夏なのですが、
僕の勝手なイメージでは夏は風物詩が多い気がします。

季節限定商品を作るのであれば、
そういった風物詩を利用するのもありです。

例えば、夏の風物詩といったら、ビールです。

居酒屋であれば、そのビールを使って
企画を立てることができますよね。

ビールの一杯目を一気飲みできたら無料

みたいな企画を立ててみると十分に集客に繋がるでしょう。

一杯飲んで帰る人なんていませんから、
その後の料理や飲み物で十分に元を取ることができます。

季節の風物詩をうまく使って企画を立てれば
それに引き寄せられて人は集まってきます。

ぜひ季節ごとに自分のお店で使える風物詩はないか
考えてみてください。

2.季節の悩みの解決を使った商品&メニュー&企画

季節ごとにその季節特有の悩みがあります。

例えば、夏なら暑い

その暑さを軽減する商品やメニューを考えて見ましょう。

冷たい系の食べ物・飲み物は一般的ですよね。

「冷やし中華始めました」みたいな

夏にはちょっと食べにくいものであれば
あっさり目に工夫してみるなど
その季節でも食べやすいようにするのがポイントです。

こんな風に季節の悩みの解決や軽減できる
商品やメニューなどを考えるといいですよ。

3.季節の悩みを加速させる商品&メニュー&企画

基本は季節の風物詩や悩みの解決なのですが、
ちょっと変わった方法として、
あえて季節の悩みを加速させるという方法があります。

例えば、夏は暑いですが
激熱、激辛ラーメンを作るみたいな方法です。

これで早食いチャレンジとかやれば
ちょっと変わったお店として人が集まります。

もしくは、我慢大会という企画を立てるのもありですね。

これはイレギュラーな方法ですが、
周りのお店と変わったことをしたい場合は
あえて悩みを加速させるのも一つの手段ですよ。

まとめ

  1. 季節の風物詩を使う
  2. 季節の悩みの解決を使う
  3. 季節の悩みを加速させる

この3つの方法で、季節限定のものを作る

季節にピッタリはまれば、高い効果が得られる

 

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す