お店の前での呼び込みで絶対に守りたいこと【飲食店など】

お店の呼び込み

街を歩いているとお店の呼び込みをやっている人っていますよね。

キャッチではなく、お店の前での呼び込みです。

呼び込みをした方が、お客さんがより入りやすいと思いがちですが、
実は逆にお客さんの入りが悪くなることもあるのです。

とりあえずやっておけばいいというものではないので、
今回はお店の前での呼び込みについて、解説していきます。

店の前に立っている人はお店の顔

どういった場合に、お客さんの入りが悪くなるのかと言いますと

  • やる気のない人
  • 嫌々やっている
  • 服装がよれよれの人

などが、呼び込みをしている場合です。

パッと見た時に印象があまり良くない人がお店の前に立っているのは
逆にお客さんの足が遠のくので注意してください。

 

というのも、お店の前に立っている人はお店の顔になる人です。

通りかかった人はその人が一番最初に目に入るわけですから、
その人がきちんとしていないとお店の評価も下がります。

 

きちんとしていない人が働いているお店のサービスが
いいものとは思えませんからね。

お店の中に入っても、接客が雑だったり、
料理の味も悪かったり、お店の雰囲気が悪かったりするだろうな
と、お客さんは思ってしまうものなのです。

アルバイトに店の前に立たせる時は特に注意をしましょう。

店の前だからこそ、きちんとした人を出そう

お店の前での呼び込みをするのであれば、
明るくて元気な人やイケメン・美女の方が効果は高いです。

また、お店の雰囲気を大事にしているのであれば
お店の雰囲気にあった人にやってもらうというのもいいでしょう。

 

受付嬢ってきれいで愛想がいい人が多いですが、
会社の顔となることが分かってやっているですよね。

会社の印象がよくなるように、受付嬢として、
印象がよくなるような人をやってもらうようにしているのです。

お店の印象で集客の人数が変わる

印象の悪い人がお店の前で呼び込みをしているのは
逆効果になりかねないので、やめた方がいいです。

きちんとした看板を置いた方が、集客効果が高まりますね。

 

手が余っていると何かやらせたくなる気持ちはよく分かります。

給料払っているんだから、働いてもらいたいと思うのは普通ですからね。

 

もし手があまっているという場合には掃除をやらせた方がいいですね。

お店をきれいにすれば、印象がよくなりますからね。

給料の元を取ろう思って
適当に呼び込みをやらせると逆にお店の価値を下げてしまうので
考えてやるようにしましょう。

まとめ

お店の前の呼び込みでは

印象の悪い人ではなく”印象の良い人”にやらせるようにしましょう。

お店の前に立っている店員さんは
「お店の顔」になりますよ。

 

ちなみに、これは呼び込みをするときの
大前提の話なので、呼び込みで集客数の効果をあげるには
呼び込みのテクニックを使う必要がありますよ。

 >>呼び込みのテクニックについて

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す