メニュー看板・ポップ・黒板・パネルに一押しを見やすく!

メニューの看板

メニューは看板や黒板、ポップなどを使うことで
効果的にお客さんに商品を知らせることができます。

外に出しておけば、通った人が見るので
集客効果もあるでしょう。

しかし中には非常に見にくいメニュー看板もあります。

見にくいメニューではせっかく手間をかけて、看板を作っても
思ったような集客効果が得られなかったり
お客さんの反応が悪かったりします。

 

そこで効果的にお客さんを集めるためにも
効果的なメニュー看板の書き方をマスターしましょう。

一押しを目立たせるのが最も見やすいメニュー看板

看板や黒板などの役割は、
お店に興味を持ってもらうことです。

どんなに素晴らしい商品を置いていても
興味をもたないとお店に入ることはありません。

 

お店に興味を持ってもらうために
一番自信のある商品・お店の売りを載せましょう。

そのとき色々な商品を紹介したくなりますが、
1つの商品で十分です。

どうしてもという場合でも、3つが限界でしょう。

看板や黒板のスペースが限られているので
たくさん情報を載せようとすると、文字が小さくなります。

通りすがりの人は、わざわざ細かい文字を読みません。

なので、シンプルで見やすいものを作った方がいいですね。

 

それで自信のある商品や売りを載せるときの
看板を目立たせるポイントが2つあります。

  1. 写真(画像)を使って商品のイメージを持ってもらおう
  2. 長い文章は読みにくい!短いキャッチフレーズを使おう

1.写真(画像)を使って商品のイメージを持ってもらおう

飲食店系と相性がいいのですが、文字で色々と語るより、
おいしそうな料理の写真の方が魅力的に見えます。

長ったらしい文章を書いても読まれないですが、
写真なら一目見て分かりますしね。

できるだけおいしそうに見える写真を用意しましょう。

 

画質が荒かったり、まずそうな写真だと
逆にお客さんが減る可能性があります。

最初はきれいな状態でも
看板やポップなどが汚れたり、写真が色あせたりすると効果が下がります

写真を使っている場合は、
なるべくきれいな状態を保ちましょう。

ちなみに、美味しそうな写真の方がいいですが、
実物と大きな差があるとクレームに繋がるので、注意してください。

2.長い文章は読みにくい!短いキャッチフレーズを使おう

お店を選んでもらうためには
他のお店とどう違うのかを知らせる必要があります。

ただ先ほどから言っているように
長い文章だと読まないので、短いキャッチフレーズが重要です。

キャッチフレーズの内容としては

  • 商品のこだわり・特徴は何か?
  • お客さんにどんな変化を与えられるか?

などをもとに作りましょう。

お客さんに響くようなキャッチフレーズを用意すれば、
お客さんの目を集めることができますよ。

 

ちなみに、写真単体よりも
「写真+キャッチフレーズ」の方がいいです。

飲食系だと写真を使っているお店は多いので
他店との差別化を図るためにも考えましょう。

まとめ

メニューの看板やポップなどの役割は
「興味を持ってもらう」です。

そのために一番自信のある商品を
写真やキャッチフレーズを使って効果的にアピールしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す