脳科学から導く力を発揮し仕事のクオリティを高める方法

Talented cheerful businessman jumping with glowing energy lines on background
Talented cheerful businessman jumping with glowing energy lines on background

こんばんは、相原です。

 

最近は、朝健康のためにたまに走っています。

朝走ると、疲れるので夕方ぐらいがいいのかもしれませんが
ちょうど夕方とか夜は仕事に集中しやすい時間なので
そこに走る時間を作るのがもったいない感じがするんですよね。

それに走るといっても、マラソンレベルではなく
ランニングくらいなので、程よく疲れる程度です。

それならそこまで仕事に影響は出ませんね。

 

それで、走っている時なんですが、
やっぱり最後のほうになってくるときつくなります。

元々体力もないので、しんどくなるんですよね。

その時、大体頭の中に思い浮かぶのが

「そろそろゴールだ」です。

これって、脳みそ的によくないらしいです。

 

最近、脳化学系の本を読んだのですが、そこには

「あと少しでゴールだ」
「もうそろそろ終わりだ」

と思うと、脳みそ的には「終わった」と認識するそうです。

脳みそが終わったと認識すれば
当然体の力は抜けるので、ゴールまでのあと少しが頑張れなくなるのです。

最後まで力を発揮するには
当然、こう考えないということが大事です。

 

大事なんですが、そう考えてしまうのが人間です。

ゴールが見えていれば、
「あと少しでゴールだ」と思うのは普通ですからね。

そこであと少しでゴールという状況になった時
どう考えればいいのかというと

「ここからがマイゾーンだ」

と思うことらしいです。

 

というのも、人の脳みそ的には、

  • 生きたい
  • 知りたい
  • 仲間になりたい

という欲求があります。

この中で、仲間になりたいという欲求に訴えかけるのです。

普通走っていてゴールが近づいてくると
そこからゴールまでの距離って敵のように感じますよね。

そう考えると、余計に苦しくなるのですが
ここからが、自分のゾーン、つまり仲間みたいなものと
認識することで力を発揮しやすくなるのです。

そう考えると、仲間になりたいというか、
「一体になりたい」とかの方がしっくり来ますけどね。

人以外にも使えるので。

 

こんな感じで走っている時や
スポーツ時には、終盤になった時ほど

「ここからマイゾーン・マイタイムだ」

と思うことが大切ですね。

そうすることで、最後まで力を振り絞ることができます。

 

ちなみに、これは別にランニングだけではなく
仕事をしている時にも使えます。

仕事をしていて、完成に近づいてきた時

  • 大体完成したな
  • そろそろ終わりだ

と思うことってありますよね。

これは脳みそ的には完成したと認識してしまいます。

すると、最後の詰めが甘かったりして
どうしても仕事のクオリティが下がってしまいます。

それを防ぐために終わりに近づいてきたら、

「ここからが俺の本領発揮だぜ!」

みたいなノリで一気に仕上げるイメージを持ったほうが
最終的なクオリティが上がりやすいです。

この記事を書いている時も
そんなテンションになりつつ書いています(笑)

 

  • 最後のほうで詰めが甘い場合
  • どうしてもやる気がなくなってしまう場合
  • 「あと少しだ」というところから長くなる場合

などは、マイゾーンやマイタイムという認識を持って
最後まで一気に駆け抜けるイメージを持つといいですよ。

 

facebookの個人アカウントのほうでも、定期的に情報発信しています。

更新情報を受け取りたい場合は、ぜひ友達申請してください。

ちなみメッセージとかなく、いきなり友達申請で大丈夫です。

>>facebook個人アカウントはこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す