ドラッカー「マネジメント」マネジメントに必要なスキル

ドラッカー「マネジメント」マネジメントに必要なスキル

こんばんは、相原です。

ドラッカーのマネジメントを
店舗ビジネスに応用する方法を分かりやすく解説していく

ドラッカー「マネジメント」講座の5回目です。

4回目のマネージャーの仕事についてはこちらから

 

今回はマネジメントに必要なスキルについて解説していきます。

前回でマネージャーの仕事について解説しましたが
その仕事をする時に、もっておくべきスキルがあります。

そのスキルがあるかどうかで
マネージャーの仕事がうまくいくかどうかが変わってきます。

そんなスキルについて知っておくことで
よりレベルの高いマネジメントをすることができるようになりますよ。

その内容を動画でも解説しています。

  1. マネジメントに必要なスキル1「意思決定」
  2. マネジメントに必要なスキル2「コミュニケーション」
  3. マネジメントに必要なスキル3「管理」

1.マネジメントに必要なスキル1「意思決定」

お店を経営していく時に、まず初めに必要なのが
何をやるのかを決めることです。

つまり、意思決定ですね。

たとえ、プレイングマネージャーであっても
目の前にある仕事をしていればいいわけではないのです。

全体を見通して、お店として何をやるのかを決めるのです。

 

そんな意思決定には4つのポイントがあります。

  1. 問題を明確にする
  2. 複数の意見を出す
  3. 実行に移すことができるようにする
  4. フィードバックを得る

例えば、お店の売上が少なくて困っている場合
「売上増えないかな~」なんて悩んでいても仕方ありません。

そんなときには何が問題なのかをはっきりさせるのです。(Ⅰ)

 

何が問題か考えたら、集客数が少ないのが問題だと分かったとしましょう。

それじゃあ、集客をするわけですが
とりあえず色々な集客方法を考えてみるのです(Ⅱ)

チラシを書く、DM、ブログ集客、SNS集客など

そんな中から、自分でもできそうなやつや
今の状況にピッタリなものを選びます。

「ブログ集客ならできそうだ」と思ったら
ブログ集客を始めるのです。

 

ブログ集客を始める時に、漠然とブログ集客しようと考えていても行動に移せません。

そのために

ブログを開設する
ブログの記事を書く

など、行動が起こせるような形に仕事を作るのです。(Ⅲ)

 

その後、ブログの記事を書いていったときに

アクセスは増えているか?
問い合わせは来ているか?
予約はとれているか?

などのフィードバックを得ながら、ブログ集客のやり方を見直していくのです。(Ⅳ)

 

というような感じで、意思決定を行っていくのです。

この意思決定の補助をするのが、コンサルタントの仕事ですね。

意思決定がしやすいように、問題を明確にしたり
色々なアイデアを出したり、どうやればいいのかを教えるのが仕事ですからね。

意思決定がうまくできない場合は、
コンサルタントに相談をするのが、
最も手っ取り早くお店のマネジメント力の強化に繋がります。

2.マネジメントに必要なスキル2「コミュニケーション」

コミュニケーションというのは、
色々なところで色々なことを言われていますが、その基本があります。

それは「受け手が主体」であるということです。

こちらが一方的に話しても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。

なので、受け手に伝わるように言葉を選んでコミュニケーションをとるのです。

人間性がコミュニケーションのカギ

経営者というのは、従業員よりも立場が上です。

だからといって、高圧的な態度で命令されると人は嫌がります。

人は嫌いな人の話はまともに聞かないですし
嫌いな人のために仕事をしたいとも思いません。

そのため

  • 言われたことしかやらない
  • 仕事を嫌々やる

など、従業員の仕事のパフォーマンスが下がります。

 

特にこれからの時代は、
金銭的な欲を満たすよりも、精神的なもので満たすことが重要です。

「いくら給料が高くても、嫌な仕事はやりたくない」

という人が増えています。

それよりもやりがいのある仕事をやりたいと思っている人が多いです。

下手に出ればいいわけではありませんが、
人間性を磨いて、従業員とのコミュニケーションをとることが
これからのマネジメントには重要なスキルになるでしょう。

3.マネジメントに必要なスキル3「管理」

組織を構築するに当たって、管理は必要不可欠です。

どう管理するかによって従業員の働き具合も変わってきます。

そんな管理では

成果に焦点を当てることが大切です。

※この場合の成果は売上とは限らず、お店によって成果の内容は異なる
参照:ドラッカー「マネジメント」企業の成果について

 

成果が得られて初めて価値を生み出すことができるからです。

例えば、ブログ集客をしていて、成果を集客数としていた場合、
ブログの記事を100記事書いたとしましょう。

それでアクセス数が増えず、予約も取れなければ
それは意味がないことなのです。

どんなに努力をしたとしても
価値がないものではいけないのです。

逆に言えば、たとえ1記事しか書いていなくても
アクセス数が増えて、予約が取れたらきちんと評価をする必要があります。

測定できない部分の評価もきちんと行う

ブログ集客の例のように、
数字として現れる部分だけしか評価しないのは危険な面もあります。

例えば、仕事はあまりできないけれど
仕事場のムードメーカーである

みたいな場合、この人はとても重要な仕事をしています。

一見すると、仕事ができないので
使えないやつだと思ってしまいがちですが
ムードメーカーがいる職場といない職場では
他の人の仕事のパフォーマンスに影響します。

こんな風に、パッと見ただけでは分からないような部分も
評価できるようになりましょう。

まとめ

レベルの高いマネジメントをするためには

  • 意思決定
  • コミュニケーション
  • 管理

が重要である。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す