意外と知らない人が多い問題解決の3つのステップ

問題解決の3ステップ

こんばんは、相原です。

ビジネスをしていると、必ず問題って起こりますよね?

その問題を解決できないと、
ズルズルと売り上げが下がりどうしようもない状況になってしまいます。

それを防ぐためにも、問題を解決しなければいけないのですが
それがなかなかうまくいかない事が多いです。

色々なことを試しても、
「なんかうまくいかない」なんてこともあります。

それはなぜかと考えると、
正しい問題解決のステップを踏んでいないからです。

いきなり解決策を探ろうとしても、
なかなか正解を見つけることはできません。

そこで今回は問題解決の3ステップを紹介していきます。

  1. 現状把握
  2. 目標の設定
  3. 解決策を探る

1.現状把握

まず問題が起きたときにやらなければいけないことは、
現状を把握することです。

「何が原因で何が起こっているのか」

を”正確に”把握するということです。

意外と多くの人は、ふんわりと問題を把握していることが多いです。

例えば、ビジネスであれば、
問題を「売上が下がった」としか認識していないとかです。

 

これでは、何をどうすればいいのかなんてのは分かりません。

解決策が思い浮かばない原因の多くは
現状をしっかり把握できていないからです。

なので、まずはお店の現状をしっかり把握することで
お店の軌道を修正することができます。

 

ビジネスであれば、売上がなぜ下がったのかを探るのです。

新規客が減ったからなのか
リピーターがいないからなのか
商品がそもそも悪いのか
接客が悪いのか
立地が悪いのか
サービスが悪いのか…

とたくさん探るポイントはあるはずです。

原因がはっきりすれば、後はスムーズに進むので
現状把握に8割くらいの力を注ぐつもりでやりましょう。

2.理想や目標の設定

「原因が分かったら、解決策を探る」

という人が多いですが、
僕はいきなりそのステップに進むのは危険だと思っています。

というのも、

「クレームがきたら、その商品・サービスを見直すきっかけになる」

なんてことが言われているように、
問題はあなたに何かを知らせてくれている場合があります。

それを力技で解決してしまっては、もったいないです。

 

問題が起きたら、今自分のやっていることを見つめなおすいい機会だと思って
一度、自分たちは何をやりたいのか、何を目指しているのかをもう一度設定しなおしましょう。

例えば、売上が下がったとしても、
「そもそも本当に売上を伸ばすことが必要なのか?」
と考えることもあるでしょう。

よくよく考えてみたら、売上よりも
お客さんを一人ひとり丁寧に接して喜んでもらうことの方が大事だ

と気づくこともあります。

そうなれば、解決策で何を優先するかが決まってきます。

その内容によって解決策なんていうのは全く違ってきますので、
この目標設定のステップを飛ばさないようにしましょう。

3.解決策を探る

上の2つのステップを踏んでいれば、あとは簡単です、

自分の立てた目標や理想を基準に
原因に対して何をやればいいのかを考えるのです。

文章で書くとなんだか難しそうな感じがしますが、
実際にやってみれば、自然と解決策が思い浮かぶくらい簡単です。

 

例えば、上の2つのステップを踏んで

ステップ1:売上が下がっている原因は、リピーターが少ないから

ステップ2:売上よりもお客さんが喜ぶことをしたい

となっていたら、お客さんが喜ぶことを考えればいいのです。

美容院であれば、お客さんは綺麗になりたい人が多いわけだから
メイクの仕方、ヘアセットの仕方、ダイエットの仕方など
美に関する情報を調べてきて、それをまとめて冊子やチラシにしてプレゼントする

なんてことも考え付きます。

売上よりもお客さんが喜ぶことを重視するのであれば、
市販のトリートメントでも髪の毛を綺麗に保つ方法を紹介するなんてのもいいと思います。

でも、こういったお客さんが喜ぶことをやっていれば
自然とリピーターが増えてビジネスはうまくいきます。

 

こんな風にステップ1と2ができていれば
ステップ3はそれほど難しくないですよ。

問題解決において重要なのは、
ステップ1と2であることを忘れないでください。

まとめ

問題が発生した時は、落ち着いて以下の3つのステップを踏んでいく

  1. 現状把握
  2. 目標の設定
  3. 解決策を探る

追伸

これは当然コンサルする時にも重要なのですが、
僕も現状を把握することをなるべく意識していますね。

そのために色々な勉強もしています。

人間そのものの特徴もそうですが、
クライアントの大まかな性格が分からなければ対策も変わってきますしね。

その人によって向き不向きなことってやっぱりありますからね。

あえて不向きなこともさせたほうがいい場合もありますが、
とりあえずは向いていることをやった方が成果に現れやすいですからね。

そのための知識なんかも今一生懸命勉強しています。

勉強というか身につけていると言ったほうが正確ですね。

知識がどれだけあっても使えなければ意味がないですからね。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す