お客さんの「もう少し安いとうれしい」は本音か?

お客さんの「もう少し安いとうれしい」は本音か?

こんばんは、相原です。

お店でお客さんと会話をしていたり、
アンケートを実施したりすると

「値段がもう少し安いとうれしい」

というようなことを言われることってないですか?

 

この言葉をそのまま解釈すると
値下げをすれば、お客さんは喜ぶので
値段を下げたほうがいいのではないか?と思いますよね。

確かに値下げをすれば一時的には販売数が伸び
売上も増えやすいので、値下げしてよかったと思うかもしれません。

しかし

長期的に見ると、この値下げはかなり痛いです。

 

どうしても値下げをすると、
利益も減るので徐々にきつくなってくるでしょう。

値下げをするのはとても簡単なことなのですが、
逆に値上げをするとなるととても難しいです。

なので、いくらお客さんの声だからといって
必ずしも聞く必要はないのです。

それよりも、その声の裏側にある本音を読み取ることが大事です。

 

例えば、今回の場合であれば
お客さんは今の値段に見合う価値を感じていないのです。

もし3000円で売っていたら
それは2000円くらいの価値しかないと思っているということです。

ここが問題なのです。

お客さんが商品の価値をしっかりと分かっていないことが。

 

もし3000円で売っているものを
5000円くらいの価値があると思わせることができれば
値下げしてとは言われませんし、むしろ喜んで買うようになります。

なので、しっかりとその商品の価値を伝える努力をまずはするべきです。

 

  • どういった素材を使っているのか
  • どんな思いで作っているのか
  • どれだけ手間隙をかけて作っているのか

など、少しでも価値が伝えましょう。

 

そして、お客さんがその価値を認識すれば

「値段がもう少し安いとうれしい」

という意見(クレーム)は解消されるのです。

 

お客さんの声はつい直接解釈をしがちです。

しかし、

だからといってお客さんのいうことばかりを聞いていたら
ビジネスが成り立たなくなる可能性もあります。

なので、お客さんの声の本音を読み取る努力をしましょう。

そして、値下げという形を取らずに
お客さんを喜ばせることができるようになりましょう。

 

こういった本音や本質を見抜く力を身につけることができれば
お客さんが本当に望んでいる商品も自然と分かるようになります。

そうすると新商品作りなども楽になるので
ぜひ意識してみるようにしてください。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す