アンケートの回収率・返信率向上の3つのポイント

アンケート

こんばんは、相原です。

飲食店や美容院などのビジネスをしていて

  • 顧客満足度
  • お客さんが来店した理由
  • どこでお店のことを知ったのか?
  • サービスがどんな感じだったのか?
  • 不満やクレームはないか?

などを知るときに、アンケートは非常に便利な道具です。

しかし、

アンケートを作っても回収率が低いと意味がないです。

100枚配っても、10枚しか回答がないということはよくある話です。

それだとアンケート結果に信頼性や信憑性がなくなるので
あまり参考にならないアンケート結果になってしまいます。

データは正確に取れて初めて効果的に使うことができますからね。

なるべくアンケートの回収率を向上させていきましょう。

 

そこで、アンケートの回収率を上げる方法を紹介していきます。

これらのポイントを抑えて、効果的にアンケートに答えてもらいましょう。

  1. アンケートは郵便や郵送ではなく、その場で回収する
  2. 答えやすいアンケート項目や質問の作り方のコツ
  3. 魅力的なプレゼントや粗品、割引クーポンなどを付ける

1.アンケートは郵便や郵送ではなく、その場で回収する

アンケート回収方法

よくお店に行くと

「アンケート用紙を入れておくので
もしよかったらお答えください。」

という感じでアンケートを渡されます。

これは一見、無理強いをしていませんし
家で時間があるときに書いて郵送してくれるのでは?

と思うかもしれませんが、回収率はかなり低いです。

 

わざわざ時間を取って、アンケートに答えて
それをポストに入れるというのは相当面倒です。

そんな面倒なことをしてくれるのは、本当に一部の人だけです。

 

なので、回収率をあげたいのであれば
家でアンケートを書かせるのではなく
お店で書いてもらうようにしましょう。

不特定多数にメールを送りつけて回収するというやり方では無理ですが、
地域ビジネスやリアル店舗のお店であれば、
来店した時に書いてもらうのは非常に有効なので覚えておいてください。

 

その場で書いてもらう時に効果的な手法は
半ば強制的に書いてもらうことです。

強制的にというと、無理をさせているみたいですが、
「アンケートを書いてもらう決まり」になっていることにするのです。

「皆さんにやっていただいていることなので、
どうかご協力お願いします。」

とお願いしながら、
アンケート用紙を渡してしまえばきっと書いてくれると思います。

もちろん答えやすいアンケートにしておく必要はありますが。

そうすればアンケートの回収率をアップさせることができますね。

 

ただ拒否する人に無理に書かせると、嫌な思いをして
お店に来なくなってしまうので無理に書かせるのはやめましょう。

2.答えやすいアンケート項目や質問の作り方のコツ

アンケート項目の作り方

アンケートを答えやすいようにすることで
アンケートの回収率はグッと上がりますね。

お店で書いてもらう時にも、
書きやすそうなアンケート用紙を見せながらお願いすれば

「これくらいなら簡単そうだし、書いてもいいかな」

とお客さんが思ってくれることでしょう。

 

アンケートを作る時に、自由記述にしたほうが
事細かに情報を知ることができるのですが、その分お客さんに負担がかかります。

なので、あまり色々と知ろうとせずに
知りたいことだけに質問を絞りましょう。

 

そして、質問の選択項目を

「とても悪い・悪い・良い・とても良い」

のように選択肢を4段階に分けておくと
チェックマークを付けるだけになるので簡単になります。

ちなみに、「普通」を入れた5段階にすると、
普通に入れる人が多くなるので、
良いか悪いかを知りたい場合は、4段階にしたほうがいいです。

 

また、どうしても自由記述で答えてもらいたい質問がある場合は
解答例を書いてあげると、書きやすくなります。

その時お客さんは解答例を模範にして書きます。

なので、解答例は適当に書くのではなく
あなたが望んでいるような文字量の回答を書くようにしましょう。

 

さらに匿名性を持たせるほうが、本音を書きやすいのもあるので
そのためのアンケート回収ボックスを作るのもいいですね。

そうすれば、誰が書いたのか分かりにくくなるので
安心して本音を書きやすくなります。

3.魅力的なプレゼントや粗品、割引クーポンなどを付ける

魅力的な粗品や割引

アンケートを書くのは面倒なことなので、
アンケートの回答に対する報酬を用意するのも一つの手です。

例えば、

「○○無料券」
「30%OFFクーポン券」
「粗品プレゼント」

など。

会計の前に時間を用意できるのであれば、
プレゼントがあるということを伝えて、アンケートを渡すのもいいと思います。

そうすれば、会計時にスムーズにプレゼントを渡せたり
値引きをすることができますからね。

まとめ

アンケートの回収率をアップさせる3つのポイント

  1. アンケートは郵便や郵送ではなく、その場で回収する
  2. 答えやすいアンケート項目や質問の作り方のコツ
  3. 魅力的なプレゼントや粗品、割引クーポンなどを付ける

アンケートは書いてもらって初めてデータを集めることができます。

アンケートの回収率が悪いと、
多くのお客さんの意見が反映されないことになりますから
お客さんのためにも回収率を上げるようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook5Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す