売れる商品を見つける方法とは何か?

売れる商品の発見

こんにちは、相原です。

売れる商品を作ることができれば、商売はうまくいきます。

そんな商品を作ることができればいいのですが、そう簡単にはいきません。

ただ当てずっぽうに商品を作っても
開発コスト、導入コストなどがかかり
利益が出るどころか、損をすることもあります。

 

そこで、売れる商品を作る方法について
説明していくので、商品づくりで悩んでいる人は参考にしてください。

  1. 人が根源的に求めている所から作る
  2. お客さんが望んでいるものを察する
  3. お客さんが求めているものは変化し続ける

1.人が根源的に求めている所から作る

「みんな違ってみんないい」

みたいな言葉がある通り、人はそれぞれ違うものですが
人の欲求の根源を探ると、8つに分類されると言われています。

それが「生命の8つの躍動」です。

  1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
  2. 食べ物・飲み物を味わいたい
  3. 恐怖・痛み・危機から免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 他人に勝り、世の中に後れを取りたくない
  7. 愛する人を気遣い、守りたい
  8. 社会的に認められたい

これは多くの人に当てはまるものなので
ここから当たりを付けて、商品を作るという方法があります。

 

また、商品を作った後の打ち出し方も
この8つのどれかに訴えかけましょう。

例えば、飲食店において

「本当にこわ~い食べ物の秘密」

みたいな打ち出し方で、
食品の危険性・安全性について語り
商品を売るという方法があります。

ちなみに、これは3番目に該当する部分に訴えかけています。

また、文章の書き方によっては、5番7番にも訴えかけることができますね。

2.お客さんが望んでいるものを察する

1つ目のやり方はかなり漠然としたやり方です。

なので、人によっては
商品の方向性程度しか決められない場合もあるでしょう。

そこでもう一つのやり方を紹介します。

 

「お客さんの本当に求めていることは、これなんじゃないか?」

を過去のデータから導き出す方法です。

1のやり方で方向性を決めつつ
お客さんと話をすることで、

  • 本当に望んでいること
  • 心の底から望んでいること

を探っていくのです。

 

ちなみに、「お客さんに何か欲しい商品ってありますか?」
と聞いても答えは返ってきません。

というのも、人はそんな風に聞かれても
本当に望んでいることを話すことができないのです。

表面的にパッと思いついたことを答えるだけなので、
その商品を作っても売れないことが多いですね。

なので、アンケートを使って
売れる商品を見つけることはできないのです。

 

別にそれは心を開いていないとか
悪気があるとかではなく、そういう生き物だと思ってください。

こういう傾向があるので、
お客さんと話をしたり、様子を観察したりしましょう。

これをどれだけ積み重ねたかによって、
売れる商品を見つけられる可能性は変わってきます。

3.お客さんが求めているものは変化し続ける

1番の部分は普遍的なものなのですが
2番の部分で見つけたものというのは、常に変化します。

というのも、お客さんは変化していくものだからです。

時代によっても変わりますし
商品を提供したことによっても変わるでしょう。

求めているものが常に変わっている意識を持って
お客さんと接しましょう。

そして、それに合わせて、商品・サービスを提供することで
安定したビジネスを行うことができるようになります。

まとめ

売れる商品を作る場合には

  • 人の欲求の根源的なものから当たりをつけ
  • お客さんの状況を察する

という方法で作るようにしましょう。

この2つを組み合わせることで
他のお店にはないものを作りやすいですよ。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す