売上目標を立てると売り上げは下がる?正しい目標の立て方

売上目標

僕は売上至上主義は
会社もお客さんもダメにするものだと思っていますが

売上至上主義でよくあるのが
売上目標を立てることです。

実は、売り上げ目標を立てると、
売り上げが下がってしまうのです。

知っていましたか?

この記事では、なぜ売り上げ目標を立てると
売り上げが下がってしまうのか?ということについて説明していきます。

売り上げ目標を立てると、本質が見えなくなる

売り上げ目標を立ててしまうと
何が問題なのかと言いますと、
本質が見えにくくなってしまうことです。

売り上げ目標なんて作ったら、
「どんな手段を使ってでも、売り上げをあげることが正義」
という価値観になってしまいがちです。

 

そのため、お客さんに対して
無理やり商品・サービスを売ることに繋がってしまいます。

当然無理やり売りつけたら、問題が起こります。

返品がきたり、クレームがきたり、
口コミサイトで悪い評価を書かれたり…

はっきり言って、いいことは何もありません。

 

今の時代はインターネットが発達しているので
悪いことをするとあっという間に広がってしまいます。

昔ならスルーされていたことが、問題視され
炎上するということになってしまいます。

あまりにひどいことをやっていると
最悪の場合、店を潰さなくてはいけなくなることもあります。

なので、これからの時代こそ正しいことをやることが大事です。

 

もちろん正しいことをやっていれば
自然と評価されるわけでもないので、
ビジネスについてはしっかりと学ぶ必要がありますけどね。

自分たちの努力でどうにかできる部分の目標を立てる

売り上げみたいに、外部(お客さん)に影響されるものを
目標にしてしまうと、どうしても外部に悪影響を及ぼします。

売上以外には、集客人数、販売個数など

なので、外部に影響されるものを目標にしない方がいいです。

 

そうではなく、自分たち(お店)の努力で
達成することができることを目標にしましょう。

例えば、
お客さんに対して笑顔でいらっしゃいませと言うようにする
毎日ブログを更新するようにする
お店の隅々まで掃除をするようにする

など

 

お店の売り上げに繋がる部分を目標にすれば
自然と売り上げも上がりますしね。

目標の立て方一つで
お店の雰囲気が変わってくるので、
ぜひ変えてみてください。

臨機応変に目標を変更する

目標を立てていくとそのうちぶつかる壁があります。

それは目標を達成しているにもかかわらず
お店の経営がうまくいかないということです。

この場合なぜうまくいかないのかと言いますと

  • 目標が間違っている
  • 目標の達成の仕方が間違っている

この2点が考えられます。

目標が間違っている

売上アップに繋がることだと思っていても
実は売り上げを下げる要因になっていることもあります。

 

例えば、美容室の場合
「ヘアカットの時間を30分以内に終わらせる」
みたいな目標を立てたとしましょう。

カットの時間を短くすれば、回転率が挙げられるので
売り上げが上がるのではないか?という予想が立てられますよね。

でも、技術がある人であれば30分できれいに切ることができるかもしれませんが
技術が未熟な人はなかなか難しいですよね。

その結果、施術が雑になってしまうのです。

すると、当然満足度が下がるので、
リピーターの数が減り売り上げが下がります。

 

お店によってコンセプトがあるので、
それに合わせて目標を立てる必要がありますね。

お店に合わない目標を立てても
コンセプトとサービスがちぐはぐなので、満足度が下がるのです。

早さが売りのお店なら
早ければ、多少下手でも許されますが

質の高さを売りにしているなら
時間はどうでもよく、仕上がりが重視されます。

こんな風にお店のコンセプトに合わせて、
目標を立てるようにしましょう。

目標の達成の仕方が間違っている

目標自体はあながち間違っていなくても
達成の仕方に問題があると、いい結果は得られません。

 

例えば、ブログを毎日更新することは
集客数アップに繋がるので、大切なことです。

ただ、どんな内容でもいいというわけではありません。

どうでもいいような内容でブログを毎日更新していても
ほとんど人を集めることはできないでしょう。

商品・サービスを付けた場合に、
どのような変化が得られるのか?というのが
分かるような形でブログを書くといいですね。

大抵のお店では、日々の施術内容とその結果を
紹介すればいいと思います。

 

こんな風に目標の達成の仕方が重要になってくるので
目標を立てた後も、様子を見つつ臨機応変に対応するようにしましょう。

目標を立てると
「目標を達成すればうまくいく」
と思い込んでしまいがちです。

そういった思い込みは捨て、
うまくいかないかもしれないという可能性を常に頭に入れておきましょう。

まとめ

売り上げ目標を立てると
本質が見えなくなり、売り上げが下がる可能性があります。

なので、自分たちの努力で達成できる目標を立てるようにしましょう。

目標を達成してもうまくいかない場合は

  • 目標が間違っている
  • 目標の達成の仕方が間違っている

可能性があるので、臨機応変に目標を変更していきましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す