バクマン「この世は金と知恵」から学ぶビジネスの成功の秘訣

この世は金と知恵

こんばんは、相原です。

僕は漫画から色々なことを学んでいることが多いのですが
その中でもバクマン。は色々なことが学べる漫画だと思っています。

今回はその中の一つを紹介しようと思います。

「この世は金と知恵」から学ぶビジネスの成功の秘訣

バクマン。という漫画は
主人公たちが漫画家を目指すという漫画で

その中の一つの作品で
「この世は金と知恵」
という作品がありました。

その作品の世界では、

コンピュータによって自分のランキングが決められていて
自分の脳内情報を売買できる

という設定で
お金と知恵を使って、成り上がっていく話です。

この話のコンセプトは個人的にすごく好きなので
「この作品、めっちゃ読みたい」と思いましたね。

残念ながら読むことはできないですが。

 

ここで僕なりに内容を予測すると

「お金で知恵を買って、知恵を使ってお金を稼ぐ」

みたいな感じになると思います。

そうやって循環を起こすことで、
どんどんランキングの順位を上げていくのでしょう。

 

この話でうまいなと思うのが
「知識」ではなく「知恵」というところですね。

多くの人が知っていると思いますが、
一応、意味を確認しておきます。

知識:物事を知っていること
知恵:ものごとの理を悟り、適切に処理する能力

つまり、単なる情報が知識ですが、情報処理能力が知恵なのです。

 

単なる知識だったら、それほど価値はないです。

今ならグーグルを使えば、たいていの知識は手に入りますし。

しかし、

知恵となると価値は100倍以上高くなります。

本物の情報資産を築くことができるので
こんな世界があったらいいなと思いますよね。

 

もし僕が尊敬する人の知恵が手に入るのであれば
10億出しても安いと思います。

だって、

一流の知恵を手に入れることができれば
ビジネスを成功させるのなんて簡単ですからね。

お金は稼いで当たり前の状態で
その上で何をするか自由に決められます。

 

遊んで暮らしたければ遊べばいいですが、
本当にすごい人は、人の幸せを願っていて
やりがいのある仕事をしている人ばかりです。

  • 表面的に望んでいることではなく、
    心の奥底から望んでいることを叶えてあげる
  • 損得を考えずに人が喜ぶことを積極的にする
  • 世の中の発展のために頑張る
  • 世界平和のために活動する
  • 人生を劇的に変える

考えていることのスケールや深さがやたらと大きいです。

 

それでいて、活動そのものは現実的な手段が伴っています。

夢や理想を思い描くことは誰でもできますが、
それに向かって一歩ずつ前に進むには
現実的な方法でなければいけません。

そういうのを素でできるのが本当にすごいと思います。

また、こういうことを素でやっている人は
本当に人に愛されています。

例えば、

  • お客さんが自ら進んでビジネスの手伝ってくれる
  • 知人の紹介で素晴らしい人と出会える
  • 社員に「ずっとこの会社で働いていたい」と
    言わせるくらい愛される会社になる
  • 困っていることがあると誰かが力を貸してくれる

こんな能力を10、20年…と死ぬまでずっと使えるわけです。

それなら億単位のお金を出しても安いと思いませんか?

一時の投資でそれだけの価値があるのが知恵です。

 

とはいっても、
現実世界で知恵の売買はできないですけどね。

でも、知恵を借りることはできます。

なので、

「お金で知恵を借りて、知恵を使ってお金を稼ぐ」

という循環を起こすのが
この世界で上にいく方法だと僕は思っています。

 

知恵を借りる時に、自分の資産にしてしまえば
その後もずっと使えるので、
借りる時には知恵を盗む意識を持ちましょう。

そうすれば、借りる知識の価値は何倍にも膨れ上がり
決して損をすることはありません。

そして、積極的に知恵を借りて
あなたの理想とするビジネスを作ってください。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

One Response to “バクマン「この世は金と知恵」から学ぶビジネスの成功の秘訣”

  1. 相原さん
    初めまして。

    ここ数日間、当作品を視聴していて、そのEDで、『CROW』や
    『この世は金と知恵』の原作者名が出ていたので、検索してこちらに
    当たりました。
    これらは、完成品ではないようですが、ほんの少しの作品にもそうした
    掲載がされるほどに、権利を含む法の繊細な面に気づきます。

    その断片を拾われて解説されている、こちらのご記事は、魅力的
    です。
    資本経済が優先している現代日本では、いかにもありそうな題名で、
    そのような社会構図をそれとなく示唆している作も、ございます。
    ただ、可能性がありそうであるだけれど、実際に起こると「うーん」と
    違和感の出そうな世界、いかにも惹きつけられますね。

    それもそうですが、当のマンガ界とその作家たちを描く作からも、何かと
    学べる面がございます。
    例えば、その主人公のマジマくんの叔父は、いかにも高度成長期のころの
    熱血感があり、その面で本人の見本とされているようですが、当人たちは、
    100ページ(画)/作の模写をするという、ある程度の推量で注力すると
    いう、計画の伴う気合いは、現代風で再現性のある気がします。

    今後も、こちらの各ご批評を含むお書き込みから、学んでまいります。

コメントを残す