ストーリー(漫画や映画)から成功法則を学ぶ技術

ストーリーから学ぶ技術

こんばんは、相原です。

 

僕は映画や漫画以外にも日常生活から
様々な時に様々なことを学ぶことができます。

そうすることで日々成長できますし
成長速度が加速度的になります。

あなたにもそうなって欲しいので
今回は比較的学びやすいストーリーから学ぶ技術を紹介します。

ストーリーから学ぶことができれば、
漫画や映画・ドラマなどで楽しみながら成長できるので一石二鳥ですよ。

  1. ストーリーのなぜを見つけ出す
  2. 学んだことをビジネスに応用していく

1.ストーリーのなぜを見つけ出す

「すべての結果には必ず原因がある。
それは万物共通のものである。」

これを「原因と結果の法則」(ジェームズアレン)と言います。

この関係性をストーリーから読み解くのです。

 

というのも、ストーリーは、広い意味で「成功」が描かれています。

例えば、敵を倒す、チームが勝利する、問題を解決するなど

このとき話のつじつまを合わせるために
原因と結果の両方を描くようになっています。

良作であれば、きちんと描かれていますね。
(モノによっては応用しにくい場合もありますが)

 

そこで成功という結果を得た原因は何だったのかを探るのです。

例えば、前回の記事で紹介した「GIANT KILLING」

主人公である達海がチームを勝利に導くために
何をやったのかを探ってみると

「自分のチームと相手にチームを徹底的に調べ上げた」

というのがあります。
※これ一つだけではありません。

 

どんな選手がいるのかも分からないのに
チームの戦術は考えられないですし

相手チームが分からなければ
弱点を突くことができませんからね。

これは漫画をしっかりと読んでいけば
読み取ることは難しくありません。

こういう風にチームが勝利をした原因を探っていくのです。

 

なので、ストーリーを使って、成功法則を知るためには

  • なぜ勝つことができたのか?
  • なぜ敵を倒すことができたのか?
  • なぜ問題を解決することができたのか?

を探すところから始めましょう。

2.学んだことをビジネスに応用していく

僕らはビジネスをやっているわけですから
サッカーチームが勝つ方法を学んでも意味がありません。

そこで学んだことをビジネスに応用する必要があります。

 

ここで先ほどの
「自分のチームと相手にチームを徹底的に調べ上げた」
をビジネスに応用するとどうなるのかを考えて見ましょう。

ビジネスにおける自分のチームは「会社」ですよね?

相手のチームは「お客さん」ですよね?

なので

「会社とお客さんについて徹底的に調べ上げることが大事」

と変換することができます。

もう少しマーケティング風にいうのであれば

  • 自社の強みは何かを徹底的に探る
  • お客さんの求めているものは何かを徹底的に探る

ですね。

 

つまり、ビジネスで成功するためには

自分たちが何ができるのかを把握し、
それをお客さんの求めている形で提供する必要がある

ということが分かります。

 

こんな風に漫画や映画などのストーリーから
ビジネスについて学んでいきましょう。

そうすることで、他の人よりも何倍も早く
ビジネススキルを身につけることができるようになりますよ。

一流の経営者に少しでも早くなりたいのであれば
ぜひ実践してください。

ちなみに、マーケティングに応用をしなくても
美容師ならばカット技術の向上などのスキルアップなど
あなたのビジネスに関係するものすべてに応用していきましょう。

追伸

漫画から学ぶなんていうと
中には拒否反応を示す人がいるかもしれません。

今でこそ立派な娯楽になりましたが
ある種の偏見を持っている人もいますからね。

でも、僕らは成長しなければいけません。

 

その時に大事なのは
「何から学ぶか」ではなく「何を学ぶか」だと僕は思っています。

この世界には万物に共通する法則があり
どんなものからでもその法則を見つけることができます。

その法則をどこから学んだっていいんです。

成功法則を知るために、
成功哲学を勉強しなければいけないなんてことはないです。

僕たちは学べるところからガンガン学び実践をして
スピーディーにビジネスを成功させていきましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す