キャッチコピーやチラシの文章はプロに任せる必要はない

キャッチコピーやチラシの文章はプロに任せる必要はない

こんばんは、相原です。

 

キャッチコピーやチラシの文章って
いざ書こうと思っても、なかなか書けないですよね。

どういった文章を書けばいいのか思いつかずに
当たり障りのない平凡なものになってしまうことが多いです。

何事も真似ることが大事と言われていますが

キャッチコピーやチラシの文章は
他のところの真似しても、思ったよりも効果が出ないことが多いです。

そもそも商品やサービスが違うのに
似たような文章を書いても無駄ですからね。
(それにいいチラシは世の中に少ない)

 

そんなときはコピーライティングのプロに
依頼をするのも一つの手段です。

ただ高いですけどね。

文章一つで売上が全く変わってくるので
コピーライティングを依頼するのはかなり高額になります。

なので、小さなお店の場合は
現実的に依頼をするのは難しいですね。

 

なので、僕は無理に依頼をしなくてもいいと思っています。

というのも

チラシの文章とかは
お店のことを一番よく知っている人が書くのが一番いいです。

例えば、お店の経営者が書くのが一番いいということです。

そういったチラシのほうが
お客さんにとっても親しみやすいですし。

 

なので、無理にプロっぽく書く必要はないですし
ありのままのお店の魅力を書けばいいのです。

とはいっても、

何のベースもなしに、文章を書くのは難しいです。

 

実際にチラシの書き方で悩んでいる人も多いので
チラシや看板を書くときのポイントをまとめたレポートを無料講座内で配っています。

使いやすいようにかなりポイントを絞って
5つのピースを揃えれば、
集客に繋がるチラシや看板に必要な情報がそろうようにしました。

もし集客に困っているのであれば
ぜひ受け取ってください。

>>毎日10人の新規客を集めるチラシ・看板作りの5つのピースはこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す