手紙やハガキ、DMでサンキューメールを送ってリピート率アップ

 

こんばんは、相原です。

リピート率を上げることができれば
売上や利益率は高くなります。

ただリピートしてもらうための
仕組みを作っていないことが多いです。

そこで

どういう仕組みを作ればいいのか?
ということについて話していきます。

お客さんに思い出してもらえるお店を作る

いきなりですが質問です。

今まで食べて
おいしかった飲食店を思い出してください。

 

 

・・・いくつ思い浮かびましたか?

 

 

たぶん3~5個ぐらいじゃないですか?

多くても10個くらいだと思います。

 

実際には多くの飲食店に
行っているはずなのに

人はそれくらいしか思い出せないんです。

 

当然思い出してもらえなければ
お客さんはリピートしません。

 

ココで一工夫が必要なんです。

思い出してもらう工夫です。

脳科学的な観点から言うと
人の長期記憶に残すためには

 

3日後、3週間後、3ヵ月後

 

のタイミングで
復習するのが効果的と言われています。

 

なので、

フォローメールやハガキ、DMなどを
このタイミングで送るんです。

 

このときはセールスは
あまりしないほうがいいです。

リピーターに繋がる
効果的な内容は色々ありますが

やりやすいところだと
サンキューメールですね。

「お店に来ていただき
ありがとうございます」

という内容の
メール、ハガキなどを送るんです。

手書きだとなお効果的です。

 

サンキューメールを送るだけでも
売上が前年比の1.3倍くらいに増えた
お店もあります。

お店に好印象を持ってもらえるので
リピート率が上がるだけでなく
客単価も上がりやすいんですよね。

 

多くのお店はハガキやDMを
送らないので、

こういったところで差別化することで
思い出してもらえるお店を作ることができますよ。

それでは。

 

編集後記

うっすらぼんやりと
知っていたマーケティングについて
改めて、詳しく書かれてる本を読んだんですけど

世間一般でのイメージとは
全然違う印象を受けました。

 

「単発で終わるマーケティングだ」

なんていっている人は
たぶん本質を理解してないんじゃないかなと。

イメージで知ってるだけじゃなく
きちんと学ぶって大事だなと思いました。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す