待ち時間は苦痛!?お客さんが楽しめる待ち時間の作り方

待ち時間

こんにちは、相原です。

多くのお店でもそうなのですが、
商品やサービスを提供するまでの
待ち時間を軽視している傾向があります。

お客さんにとって待ち時間は暇です。

暇というのは苦痛なものなので、
できれば暇に感じさせないように
待ち時間をどうにかしましょう。

待ち時間が短くなるようにする

待ち時間に対して工夫をするという方法もありますが
まずは待ち時間が短くなるようにしましょう。

例えば、完全予約制にすることで
お客さんをあまり待たせることなく
サービスを提供することができますよね

 

また、作業の効率化も大事です。

効率化を図るときには
一つ一つの作業を見直してみたり
作業の順番を考えるようにしてください。

細かいところまで仕組化・マニュアル化してしまえば
思考する必要がなくなるので、時短の効果がありますよ。

待ち時間を楽しめるように工夫する

待ち時間を短くすることが理想ですが
物理的に短くすることができないこともあります。

その場合には、待ち時間そのものを楽しめるようにしましょう。

楽しめるようにすることで
体感時間として待ち時間は短く感じられます。

体感時間が変われば、それだけで不快度は下がりますし
うまく工夫すれば、満足度を高めることができます。

 

待ち時間を楽しめるようにする方法は
色々ありますが、すべてに共通するのは
「お客さんに無料のサービスを提供する」ことです。

無料のサービスを提供するには
それなりに手間やコストがかかります。

ただそういったものを提供するからこそ
お客さんの満足度が高まるのです。

 

無料のサービスを提供するの意識を持てば、
自分のお店に応用することは可能だと思いますが
いくつか具体例を出しますと

  • つまみを出す
  • パフォーマンスを見せる
  • 待合室にテレビを置く

などがありますね。

個人的におすすめなのは
お店のコンセプトに合わせた情報を提供することです。

例えば、

癒しを提供するなら、
癒しに関する雑学を書いた紙を貼っておく

みたいなことをすると、
それを読んでいる間、暇をつぶすことができます。

情報であれば、タダなので使いやすいですしね。

こんな風にお客さんの暇が潰せるような工夫をしましょう。

まとめ

待ち時間を減らしたり
体感時間を短くすることで
お客さんの不満度が下がります。

その結果、満足度・お店の評価が上がるようになっています。

意外と見落としがちな点なので
気を付けるようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook6Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す