いつもと同じお店に行く習慣を最大限効果的に利用する方法

リピートする習慣

こんばんは、相原です。

僕はカフェに行って記事を書くことがあるのですが
大体行くお店は決まっています。

行くお店をいくつか決めておくと
何も考えることなく行けるので楽なんですよね。

昔はいろいろな所を転々としていましたが
今ではほとんどパターン化しています。

まあ近所にそんなに多くはないですからね。

 

やっぱり新しいお店に行くのは少しハードルがあります。

どこにあるのかを調べ、どんなメニューがおいしいのか調べ
どんな雰囲気の場所なのかを想像し、分煙されているかをチェックし…

と色々と考えることが多いです。

行ったことがあるお店ならそんな余計なことを考える必要がありません。

 

「いつもと同じお店に行き、いつもと同じメニューを頼む」

といういつもと変わらないことを人は求めています。

慣れているので、安心感がありますしね。

 

美容院とかですと、

「3回通えばリピーターになる」

なんて言われていますが、
一定以上通うと慣れて安心感が出るので人は離れにくくなるからですね。

 

ただここで何を勘違いするのか
手を抜くお店もあるんですよね。

「こいつはリピーターになったからもう大丈夫だ」

なんて思うんでしょうか。

いつも通っていると確かにそのお店から離れにくくなります。

しかし

いつも通っているが故に、「いつもと違う」には敏感です。

今まで丁寧な接客でよかったのに、
急に馴れ馴れしくなって接客も雑になったなんてことになったら
お客さんは離れていきます。

リピーターが離れない保証なんてどこにもありませんからね。

いつもと変わらぬ良さはずっと出し続けなければいけません。

 

こういった悪い意味での「いつもと違う」もありますが、
「いい意味でのいつもと違う」もあります。

代表的なのが、今までになかったメニューを増やすですね。

今までのサービスで足りていなかった部分を
補足する形で新しいメニューがあれば、お客さんは喜びますね。

「今のお客さんに喜んでもらうにはどうすればいいか」

を常に考えて、いい意味でお客さんの期待を裏切るようにしましょう。

 

良い部分は残しつつ、悪い部分は改善する

これを継続し続ければ、ビジネスが失敗することはないですよ。

追伸

いつもと同じ部分を残すことは重要なのですが、
あえて変え続けるのも一つの手です。

例えば、飲食店なら

「その日に仕入れた食材のみを使う」

なんてコンセプトなら
行くたびに違うメニューになっているなんてこともありえます。

ただこういった時、メニューは変わり続けるのですが
コンセプトは変えてはいけません。

コンセプトが変わったら、
同じ部分が一切なくなるので通う理由がなくなります。

 

どういった理由でそのコンセプトになったのかは
せめてお客さんに伝えたいポイントですね。

こんな風に変えるポイントと変えないポイントを分けるようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook5Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す