間違ったLTVの意味。本当の売り上げアップに繋がる考え方

人生

マーケティングの世界では
LTVというのが重要視されています。

LTVとは顧客生涯価値といって
一人のお客さんが生涯を通じてどれくらいのお金を払うのか
ということですね。

1回限りよりも、何回も買ってもらった方が
最終的な売り上げは上がるのでLTVを重視しましょう

なんて言われていたりします。

 

しかし、僕はこの考え方が嫌いです。

なんだかお客さんをお金でしか見ていないような感じがしますし
結局は利益重視の考え方です。

こういう意味で理解していると、
本当のLTVは髙くならないでしょう。

 

僕はLTVは

お客さんの”人生”に対して
どれだけ価値を提供することができるか

だと思っています。

あくまで、こちらの価値提供が重要なわけです。

お客さんの支払ってくれる金額が増えるのは
あくまで結果でしかありません。

人生レベルで価値を提供していくことで
自然と売り上げが上がるだけに過ぎません。

 

なので、LTVを考えるときは

どうすれば売り上げが上がるのかではなく
どうすればお客さんを人生レベルで変えることができるのか

ということを考えるようにしましょう。

お客さんの人生を変えるときに大事なのは、理想の世界

LTVを高めるためには
お客さんの人生を変える必要があります。

その時に大事なのが、理想の世界を提示することです。

「理想の世界を提示して、
そこに向かって一緒に頑張りませんか?」

を提案してあげるのです。

 

当然理想の世界には簡単には行くことはできません。

色々な障害があります。

その障害を越えやすいようにするために
商品・サービスを提供するのです。

例えば、綺麗になりたい女性に対してなら
化粧品、クリーム、美顔器、エステ、サプリメントなどなど
障害を乗り越えるために必要なものって多いですよね。

基本的に理想の世界を叶えるというのは不可能です。

どんなに幸せな状態になったとしても
必ず不満が現れるものです。

不満が現れれば、それを解消するための商品・サービスを作る

という風に無限にサイクルしていきます。

 

あなたが提示する理想の世界に共感している間は
高い確率で商品・サービスが売れるようになるでしょう。

ちなみに、ありきたりな理想の世界を提示しても
多くの人は興味を示してくれません。

ユニークなものを提示してこそ
初めて人は興味を持ちますし、共感してくれます。

ですので、理想の世界は
ユニークなものを作るようにしてください。

まとめ

LTVを高める時に大事な考え方は

一人のお客さんからどれだけお金をもらうかではなく
どれだけお客さんに価値を提供できるか

です。

その時に、理想の世界を提示して
お客さんの人生を変えるような意識を持ちましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す