社員は同じ性格の人がいいか多様な人のどちらいいか?

社員の性格

こんばんは、相原です。

社員やアルバイトを雇うとなった時に
どんな人を選ぶのかって悩みますよね。

どんな人を選ぶのかによって、
会社のまわり方が変わってきますからね。

そこで今回は社員を雇う時に
集める人によってどう違うのかを解説していきます。

  1. 同じ性格の人を集めるとどうなるか?
  2. 多種多様な人を集めるとどうなるか?
  3. 「同じ人を集める」or「多種多様な人を集める」

1.同じ性格の人を集めるとどうなるか?

同じ人を集めるメリットとは?

同じような性格の人がいると、
意見が合い様々なことがスムーズに進みやすいです。

そのため社内で問題が起こることが少なく、
円滑に進みやすいという特徴があります。

同じ人を集めるデメリットとは?

同じような人ばかり集めてしまうと、
意見が偏ってしまうというデメリットがあります。

社内で出た意見が偏ると、
同じことしか挑戦せずに会社が停滞しやすいです。

また、皆得意分野が同じなので、
苦手な分野に対しては、著しく能力が下がります。

こうなると、すぐに会社の能力は頭打ちになり
長期的な成長をするのは難しいです。

2.多種多様な人を集めるとどうなるか?

多種多様な人を集めるメリットとは?

多種多様な人を集めると、色々な意見が出やすく
どんな問題にも対応しやすいという特徴があります。

また、人によって得意分野と不得意分野が違うので
お互いに欠点を補い合い、自分の得意分野で活躍しやすいという特徴もあります。

多種多様な人を集めるデメリットとは?

意見が異なることが多く、話をまとめるのは大変になります。

また価値観の違いによって、ちょっとしたいざこざも起こりやすいです。

3.「同じ人を集める」or「多種多様な人を集める」

どちらがいいのかと言ったら、
僕は多種多様な人を集めることをお勧めします。

多少いざこざが起こる程度であれば、
うまく経営者がまとめればいいだけの話です。

しかし、同じような人が集まって
異なる意見を出すというのは相当訓練が必要です。

 

それよりも初めから価値観が違う人を集めた方が
様々な意見がでるので、新しい解決策を見つけやすいです。

また、人間関係であれば
その人の得意分野と不得意分野を見極めて
うまく配置すれば、お互いに感謝し合う関係を作ることができます。

そうすれば、人間関係のいざこざは起きにくくなりますよね。

 

多種多様な人を集めた場合、最初は大変かもしれませんが
後半得られるメリットは非常に大きいので、
社員を雇う時には、参考にしてください。

まとめ

社員やアルバイトを雇う時には
同じような性格の人ばかりではなく
違う性格の人を集めた方が、長期的には経営がうまくいく。

 

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す