求人難や採用難で人が集まらない時の求人募集のやり方

求人募集のやり方

こんばんは、相原です。

最近は、少子高齢化や価値観の変化によって
求人を出しても人が集まらないことがあります。

昔であれば、金銭目的でガツガツ働く人が多かったみたいですが
今はお金よりもやりがいや働き方などが重視されるみたいで
そう簡単には人が集まらなくなっているようです。

そのため慢性的に人手不足で
今いるスタッフの負担が大きくなっているところも多いです。

 

それを解決するには、求人募集のやり方を変えなければいけません。

どう変えるかは、お店によって

  • どんな人を集めるべきなのか
  • どんな人を集められるのか
  • どうやって集めるのか

などが変わるので、コンサルでは話を聞いた上で
どんな求人募集をするか決めます。

ただそれを記事では再現できないので
今回は求人募集で大事なポイントを凝縮して紹介します。

  1. 人が集まらない時の求人募集のコツ
  2. お店で長く働いている人の特徴を調べる
  3. 求人募集のチラシの書き方!キャッチコピーが効果的
  4. 人材募集のミスマッチを防ぐために悪い点も伝える

1.人が集まらない時の求人募集のコツ

求人を出しても、なかなか人が応募してこないという場合
ターゲットが明確になっていないことが多いです。

どんな人を集めたいのかが決まっていないと
なかなか人は集まらないものです。

これはビジネスの集客でも同じことが言えます。

なので、まずはどんな人を採用したいのかを考えましょう。

 

その時、ひとつのねらい目としては年配の人や子育てママさんです。

やはり多くのお店では年配の人は敬遠されがちです。

どうせ雇うなら若くてよく働いてくれる人がいいと考えますからね。

ただ年配の方だからこその魅力もありますし、
割と時間の融通を利いてもらえることも多いです。

なので、年配の人にターゲットを絞るのもありですよ。

また、子育てママさんは
急な子供の病気や学校行事などで
シフトが不安定になりがちなため敬遠する経営者も多いです。

ただそんな中でも良く働いてくれる人は多いので
子育てママさんを狙ってみるのもいいですよ。

2.長く働いているアルバイトの特徴を調べる

長く働いている人の特徴が分かれば、
そのお店に合った人の特徴が分かります。

それを求人募集の時に打ち出せば
同じような人が応募してくる可能性が高まります。

なので、長く働いている人は

  • どういう性格の人なのか
  • どんな風に仕事をしているか

などを観察してみましょう。

 

また、従業員にお店で働いている理由を直接聞いてみるのもいいですね。

従業員が長く働いてくれているのには、必ず理由があり
それはあなたのお店で働く魅力に繋がっています。

うまく聞きだすことができれば、
お店の魅力を伝える時の参考になりますよ。

3.求人募集のチラシの書き方!キャッチコピーが効果的

募集したい人を決めることができたり、
自分のお店に合っている人の特徴を知ることができたら
それを求人募集のチラシに書きましょう。

 

その時に一つのポイントが「キャッチコピーを目立たせる」ということです。

求人募集をパッと見たときに、見た人の印象に残らなければ
細かいところまで読んでもらうことができません。

まずは人の目をひきつけるためにも、キャッチコピーを考える必要があるのです。

 

効果的なキャッチコピーというと、
それを考えるのが大変そうに思えるかもしれませんが
すでに1,2番をやっていれば、それほどキャッチコピーを見つけるのは難しくないです。

というより、

調べる過程で出てきたキーワードを使えば
効果的なキャッチコピーを作ることができます。

なので、こちらが希望する人を集めやすい募集要項を作るためにも
1,2番のリサーチはしっかりとやりましょう。

4.人材募集のミスマッチを防ぐために悪い点も伝える

募集要項を書くときに、多くのお店では
メリットのみを書くことが多いです。

メリットが多いほうが人が集まりやすいですからね。

 

ここでよく考えてもらいたいのですが

そもそも慢性的に人手不足になってしまうのは
人が辞めてしまうからですよね。

それで人が辞める大きな原因は、想像していた職場や仕事と違うことです。

 

つまり、求人募集にいいことだけ書いて、人を集めても
その人はよい部分しか見ていないので、悪い部分を見た瞬間に辞めてしまいます。

なので、辞めない人を採用したいのであれば
しっかりと悪い点も伝えることが大事です。

 

ただ人によって価値観が異なるので
こちらがものすごく欠点だと思っている部分でも
案外マイナスポイントにならないこともあります。

また、悪い点も見せ方によっては良い点に変えることができるので
表現の仕方を工夫してみてください。

まとめ

求人を出してもなかなか人が集まらない場合には

  1. 集めたい人を明確にする
  2. 長く働いているアルバイトの特徴を調べる
  3. 募集要項にはキャッチコピーをうまく使う
  4. 人材募集のミスマッチを防ぐために悪い点も伝える

この3つのポイントをとりあえず押さえて
求人募集をかけてみてください。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す