無駄を徹底的に省いたビジネスの先にあるもの

効率化の先にあるもの

こんばんは、相原です。

無駄というと、多くの人は嫌っています。

無駄なことをやるくらいなら、
もっと効率的に、短い時間でより多くのものを得るために
時間を使ったほうがいい

確かにそんな一面もあります。

ただ僕は時には無駄なことも必要だと思っています。

 

例えば、ビジネスで少しでも無駄を省くために
短縮できるところは短縮し、
その短くした時間にさらに多くの仕事を詰め込むなんてことがありますよね。

さらにそれを社員やスタッフを効率的に使うために
自分と同じことを強要するなんてこともあります。

すると、その組織はどうなるのか?

非常にギクシャクした雰囲気が漂い、仕事をしていてつらい環境になります。

人はつらい環境にいれば、当然パフォーマンスが下がります。

体がボロボロになりますからね。

その結果、仕事のクオリティだけでなく、量も下がります。

つまり、無駄を省いたことによって、無駄な時間が増え、無駄なものが出来上がるのです。

 

はっきり言って、無駄を省くことを突き詰めると
悪循環が起こり、ビジネスは立ち行かなくなります。

これは普段の生活も同じで、無駄を省きすぎると体調を崩します。

僕は睡眠時間を削って、頭が働かなくなるなんてことを最近よく経験しています。

僕はどうしても睡眠時間を削りたいと思っているので、
今後も色々と健康法を試しつつ睡眠時間が削れないかチャレンジしますが
それでも、パフォーマンスが激下がりする前にちゃんと寝ることを心がけています。

ただ単に起きてるくらいなら、睡眠時間を短くしてもいけるんですけどね。

仕事をするとなると、クオリティが大事なので
今のところ6時間以上の睡眠時間が必要です。

できれば4~5時間寝れば体調を万全にできるくらいにはしたいです。

7時間寝てもパフォーマンスが上がらなかった昔に比べると、
だいぶ前進したと思いますが。

 

話しを戻しますと、
結局、無駄を省こうとすると無駄な時間が増えてしまうので
ある程度のゆとりが必要です。

張り詰めている時こそ、一息ついたほうが
新しいアイデアが思い浮かぶなんてことはよくある話です。

ずっと頑張り続けられる人なんていません。

どこかで立ち止まることも大切です。

立ち止まったとしても、また歩き出せばいいだけの話です。

人生という道のりは、長いので小休止をいれつつ、前に進んで行きたいですね。

やっぱりヘトヘトになりながら苦しい思いをしながら歩くよりも
体調が万全で少しルンルン気分で歩くような楽しい人生がいいですよね。

だからこそ、あまり無駄に対して神経質にならずに
少しゆとりを持ってビジネスをしたり、日々の生活を送りましょう。

 

ちなみに無理なく売り上げを伸ばす方法を解説した
ナチュラルマーケティング講座をやっています。

自然な形で売上を伸ばしながら
人から愛されるようなビジネスを作りたい人は
ぜひ受講してください。

きっと得られるものがありますよ。

>>無料受講はこちらから

 

追伸

僕はたまに神経を張り詰めすぎたり、睡眠時間を削ったりして
体調を崩すことがあるので、
今回の記事は自戒の意味が強いですけど。

体調を崩すほうが時間を無駄にするって
いつになったら学習するんだ!

と自分に何回も言ってやりたいです。

しかも、仕事を切り詰めて睡眠時間が減るならまだしも
漫画やアニメ見て寝不足になるとかね…。

うまく時間を使えるようになりたいものです。

 

 

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す