福沢諭吉と一万円の関係性

福沢諭吉と一万円

こんばんは、相原です。

諭吉と言えば、一万円
一万円と言えば、諭吉

と福沢諭吉は一万円の代名詞みたいなものになっています。

そんな福沢諭吉ですが

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

という言葉で有名な人です。

ただ「学問のすすめ」を読んでみると
そのあとにも色々なことを言っていて

簡単に説明すると

「しかし現実では貧富の差はある。
その違いは勉強をしたか、していないかの違いである」

と言っています。

 

学問のすすめと言うタイトルの本ですから
勉強をするのを勧めるのは当然ですよね。

そう考えると、

「大金を手に入れたければ勉強しなさい」

ということが言いたくて一万円の肖像画に
諭吉さんが選ばれているんじゃないかなと思いました。

 

ただもう少し本を読み勧めてみると別の考えが浮かんできました。

学問のすすめは明治初期で
明治維新の真っ只中に書かれた作品です。

その時の日本の状況はかなり厳しく
欧米との文化レベルに大きな差がありました。

当時の日本のスローガンとしては「富国強兵」で
いかに国を豊かにして、欧米に追いつくかを重視していました。

そういった時代背景を考えるのであれば

「豊かな生活を手に入れたければ、勉強しなさい」

の方がしっくりくる感じがあります。

豊かな人生を送るためにも、知識や知恵は必要ですからね。

 

ただ勉強しなさいと言っても単なる知識を詰め込むだけでは
僕らの日常は全く変わりません。

知識は使って初めて有効なものになります。

福沢諭吉さんも本の中で、

「まずはそろばんや天秤の扱い方など使える知識を身につけなさい」

と言っています。

 

慣れてくればどんな知識や情報からでも自分の日常に活かすことができるのですが
最初は難しいですね。

ある程度知識のベースがないと応用できません。

なので、まずは自分の生活に必要な知識から学ぶのがいいですね。

もしビジネスをやっているのであれば
売上アップのためにマーケティングを学ぶとかが
最初の一歩としてはいいでしょう。

そうやって、できる範囲で学び実践していくことで
一歩ずつ豊かになっていくのではないでしょうか。

 

facebookの個人アカウントのほうでも、定期的に情報発信しています。

更新情報を受け取りたい場合は、ぜひ友達申請してください。

ちなみメッセージとかなく、いきなり友達申請で大丈夫です。

>>facebook個人アカウントはこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す