コンテンツマーケティングの欠点と今後の課題を徹底解明

コンテンツマーケティング課題

最近はインターネットの集客において
コンテンツマーケティングが人気が出ています。

人気がありますが、メリットばかりではありません。

コンテンツマーケティングにも欠点はあるので
欠点を知ったうえで、導入するか決めましょう。

コンテンツマーケティングの欠点

コンテンツマーケティングの欠点は主に以下の2つです。

  • 誰でも参入できる
  • 高いコンテンツ作成能力が必要

自社のホームページやブログを作って、記事を投稿したり
動画を取ってyoutubeにアップロードするというのは
はっきり言って、誰でもできます。

誰でもできるが故に、参入障壁が低く
ライバルが増えやすい傾向にあるのです。

 

ライバルが多いということは
その中で頭一つ抜き出なければいけません。

そこで”高いコンテンツ作成能力”が必要になるのです。

ありきたりなコンテンツしか作れなければ
ほとんど集客することができません。

コンテンツマーケティングの今後の課題

コンテンツマーケティングの欠点が

「ライバルが増えやすく、質の高いコンテンツ必要」

ということなので、この中で生き残ることが課題となります。

多数のライバルがいる中で、高い評価を得るためには
ユニークなコンテンツを作る必要があります。

 

ユニークなコンテンツとは、よくあるのが

面白系コンテンツ
感動系コンテンツ

などのSNSでシェアやリツイートされやすいようなコンテンツです。

しかし

自社と絡めて、面白系のコンテンツを作るのは、かなりハードルが高いです。

場合によっては、受けを狙ったのに、間違って炎上の可能性もあります。

 

こんなリスクもあるので、個人的におすすめなのが
「変わった切り口・視点」のコンテンツです。

ライバルのサイトと同じキーワードで
アクセスを集めたい場合でも、内容が他とは違ければ、
アクセスを集めることは可能です。

なので、ありきたりなことを書くのではなく、
ライバルの記事とは違う切り口で書いてください。

 

ちなみに、すでに今コンテンツマーケティングを始めている場合は

ライバルが増えないうちに、良質なコンテンツを増やし
高い評価のホームページを作るのも大事なことですよ。

まとめ

コンテンツマーケティングは参入障壁が低いので
ライバルが増えやすいです。

そのため質の高いコンテンツを作る必要があります。

なるべく早めに参入して
評価の高いホームページを作るようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す