メールマーケティング(メルマガ)の代行依頼は意味がない?

メルマガ代行

メールマーケティングにおいて
メルマガ執筆の代行をお願いするのはやめた方がいいです。

商品を売れる文章を書ける人に任せた方が
より多く商品が売れるんじゃないか?

と思うかもしれませんが、そう簡単なものではないのです。

 

また、商品を売るための文章とメルマガの文章は全く別物です。

売込みばかりのメールだと、多くの読者はメルマガを読まなくなります。

それ以外にも多くのデメリットがあるので
そのデメリットについて紹介していきます。

代行するデメリット

  1. 代行者の知識不足
  2. あなたの理念・コンセプトとずれが生じる

1.代行者の知識不足

メルマガ執筆の代行をお願いする相手が
どれほどあなたの業界・商品・サービスを知っていますか?

ほとんどの場合、代行者よりも
あなた自身や社員の方がはるかに詳しいです。

知識不足の人にメルマガを書かせても
お客さんに役に立つことを書けるとは思いません。

 

また、書けても表面的なことに留まるので
お客様に本当に必要な情報、もらってうれしい情報を
書くことはできません。

知識不足の人に書かせるよりも
お客さんのことをよく考え、本当に必要な情報を教えてあげる方が
はるかに有益ですし、お客さんも喜んでくれます。

そういった積み重ねで、あなたやお店に対して信頼が溜まり
自然と商品が売れるようになるのです。

2.あなたの理念・コンセプトとずれが生じる

知識不足であれば、代行者が相当勉強したり
あなたと綿密な打ち合わせをすれば、補うことは可能です。

しかし、

あなたの理念・コンセプトのずれをなくすことはできません。

あなたが本当に大事にしている部分や
こだわっている部分というのは、代行者は分かりません。

 

また、多くの代行では売上を増やすことが目的なので、
あなたが大事にしていることがメルマガに反映されにくいです。

あなたがどれだけ素晴らしい理念を掲げていても
それがお客さんに伝わらなければ意味がありません。

なので、なるべく自分で文章を書くようにする方がいいでしょう。

もしくは、”深いレベル”で理念に共感している社員に
書いてもらうという方法もあります。

自分たちでメルマガを書く最大のメリットは情報の整理

メルマガを自分たちで書くようになると
やっていることを見直す必要があります。

その時に、言葉に出してみたり、文章にしてみることで
新たな気づきを得ることがあります。

 

例えば、

自分たちの商品を紹介するメルマガを書くとしましょう。

その時にできるだけ魅力を伝えようとしますよね?

すると、今まで以上に商品に詳しくなります。

また、最初は一つの使い道しか想像できなかったのが
別の使い方を提示できるかもしれません。

他にも欠点に気が付くことができ
その点を修正、補う商品の開発に取り組むかもしれません。

 

このように「魅力を伝える」という努力をすることで
さらに自分たちの商品をより素晴らしいものにできるのです。

確かにメルマガを書くというのは大変なことです。

日ごろ文章を書いていないと、なおさら辛いですよね。

でも、頑張って書くことで売上アップに繋がるので
代行を利用せずに自分たちで書くようにしましょう。

まとめ

代行を利用しても

お客さんが望んでいる情報を教えたり
伝えたいことを伝えたりすることが難しいです。

自分たちで書くことで
新しい発見に繋がるのでメルマガは自分たちで書くようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す