映画「HERO」から学ぶ仕事のパフォーマンスの高め方

映画「HERO」

こんばんは、相原です。

先日映画を見てきたので、
今回もまた映画ネタでビジネスを語っていきます。

今回見たのはHEROです。

ヒーロー道なんてサイト名にしているくらいですから
HEROの映画は見逃せませんでした。

本当はインサイドヘッド見に行ったけど
混んでいて変えたなんてことは決してありませんよ!(笑

 

HEROは昔ドラマでやっていたので
知っている人も多いと思います。

映画でも相変わらずのノリで、ドラマが好きだった人は楽しめると思います。

また主人公は久利生なのですが、話の展開の主軸は雨宮でしたね。

その視点で見ると、またちょっと変わった楽しみ方ができると思います。

人生の苦しい時の乗り越え方的な意味で学びがあると思います。

 

ただ個人的には、ちょっと盛り上がりが足りなかったというのが正直な感想です。

映画館でわざわざ見る必要はないかなという感じです。

ただそんな中でも「あーそうだよなー」と思うところがあったので
それについて解説していきます。

※バレとか気にする人は、見ないほうがいいです。

  1. 人の人生がかかっている意識を持つ
  2. お客様の変化の範囲を広く見る

1.人の人生がかかっている意識を持つ

今回映画を見ていて僕がやけに覚えている言葉は
「人の人生がかかっている」という言葉です。

簡単にそのシーンの前の状況をしますと

交通事故に合い亡くなった被害者は
大使館の関係者がその死に大きく関わっているのではないかと推察されました。

しかし、大使館は治外法権で捜査権が及ばないところなので
当然上からはやめるようにと圧力がかかります。

普通はそんな圧力がかかったらやめますよね。

でも、そんな中主人公の久利生検事は
「二人の人の人生がかかっている」と言って、
強引な捜査を行いました。

この二人の人とは、交通事故の被害者と加害者のことを指します。

 

検事で仕事をしていたら毎日大量の案件をこなすよね。

そういった中にいると、
つい流れ作業でこなしてしまう人は少なくないです、

仕事をしていても、流れ作業で仕事をこなしてしまうことってありませんか?

 

こちらにとっては、大量の仕事のうちのひとつかもしれませんが
相手にとっては、人生に関わる非常に大きな問題です。

こういった意識を持つことは、ビジネスをする上でも非常に大切です。

ビジネスでも、人の人生に影響を与えるわけですから
お客様一人一人に丁寧に相手をしなければいけません。

決して流れ作業でこなしてはいけないのです。

 

「お客様一人一人を大事にします」と言っているところは多いですが
本当にそれを実践するのはかなり難しいです。

なので、日々「自分はお客様の人生に影響を与えている」と
認識して、自分を戒めることが大事です。

2.お客様の変化の範囲を広く見る

「お客様の人生に影響を与えている」と意識するときには
自分がやっていることがお客様にどう影響するのかを考えます。

その時になるべく広い範囲を見ることがポイントです。

例えば、美容師の場合

髪の毛を切って、綺麗にすることができたら
お客様の笑顔が増えて、異性から声をかけられる

その結果、付き合うことになり、結婚をしたら子供を産んで
その子供が社会に良い影響を与える

その子供がさらに子供を産んで…

という風に、「髪を切る」という単純なことでも
お客様の人生に大きな影響を与えます。

こういう高い意識を持って仕事をすることが重要ということです。

 

こんな大きな影響を与えていると思えば、
自然と仕事に力を入れますよね?

その結果、お客様ももっと喜んでもらうことができます。

こんな風にイメージを広げることで
仕事のパフォーマンスも変わってきます。

ですので、今まであまり意識していなかったら
これを機にお客様の人生に影響を与えていると意識をしましょう。

まとめ

お客様の人生に影響を与えていると自覚することで
仕事のパフォーマンスが変化し、会社も変わってくる。

 

facebookの個人アカウントのほうでも、定期的に情報発信しています。

更新情報を受け取りたい場合は、ぜひ友達申請してください。

ちなみメッセージとかなく、いきなり友達申請で大丈夫です。

>>facebook個人アカウントはこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す