バケモノの子から学ぶ会社を差別化しユニークにする方法

バケモノの子

こんばんは、相原です。

この前、バケモノの子という映画を見てきました。

かなり面白く、何か所も感動で泣けるシーンがあって、
後半はもう泣いてばかりでした。

 

面白い作品はただ面白いだけでなく
色々な学びを得られることが多いですよね。

例えば、バケモノの子も

  • 父親と息子の理想的な関係性の築き方
  • 子供に対してやってはいけないこと
  • 子供の正しい育て方
  • 驕りの愚かさ
  • 心の闇を乗り越える方法
  • なぜ人は人と交わるのか

などなど色々なことが学べます。

 

ただ今回の記事ではその中でもビジネスに
関係してくる部分を解説していこうと思います。

※ネタバレは一切嫌だという人は、この先は見ないようにしてください。

  1. あなたにとって強さとは何か?
  2. 言葉を自分なりに再定義する

1.あなたにとって強さとは何か?

主人公である九太は別世界に行って
そこで熊徹(くまてつ)というバケモノの弟子になるわけですが
熊徹の指導の仕方も悪いので
とりあえず熊徹と一緒に
別の国の師範に強さについて聞いて回る旅に出ることになります。

そこで他の国の師範に強さについて聞いたところ
ちょっとうろ覚えですが

  • 強さとは幻を作る力
  • 強さとは耐える力
  • 強さとは食べる力
  • 強さとは念力

と様々な答えが返ってきます。

これによって主人公の九太は、
「人それぞれに強さの意味がある」ことを知ります。

 

現代の学校教育では一つの答えがあり
それと一致すれば正解、ずれていれば不正解となります。

そのせいか決められた答えを求める人が多いですが、
学校のテスト以外で絶対的な答えはありません。

どんなものを自分なりに定義することが大事です。

 

特に会社を経営するにあたって、他と同じは致命的です。

同じものだとより値段の安い方が買われるので
厳しい経営になりますし、大手に負けてしまうでしょう。

2.言葉を自分なりに再定義する

言葉を自分なりに再定義することで
周りと違ったお店にすることができます。

「美容室とは?」
「美容師とは?」
「カットとは?」

こういったことに対して、自分なりに定義してみましょう。

ちなみに、「髪を切る所、髪を切る人、髪を切ること」
なんてありきたりで平凡なものはダメですよ。

 

ただ「言葉を再定義しましょう」と言って
すぐできる人は少ないです。

そこで、もう少しヒントを出すと

  • 職業の原点を探ってみる
  • お客さんにどうなってほしいか考える
  • その仕事をすることになったきっかけを探る

などをしてみると、
自分なりに言葉を再定義することができます。

まとめ

自分なりに言葉を再定義することで
周りのお店と差別化を図ることができる。

 

facebookの個人アカウントのほうでも、定期的に情報発信しています。

更新情報を受け取りたい場合は、ぜひ友達申請してください。

ちなみメッセージとかなく、いきなり友達申請で大丈夫です。

>>facebook個人アカウントはこちら

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook5Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

 

コメントを残す