強者と弱者の満足度アップ方法の大きな違い

弱者と強者の違い

前回ランチェスター戦略について
動画を使って解説したり、次世代の形を紹介しました。

>>前回の記事はこちら

その流れで、もう少し強者と弱者の戦略の違いを紹介していこうと思います。

今回の話は、満足度アップの方法です。

中小企業である弱者は、大手企業である強者と同じ戦略で
満足度アップを狙ってはいけません。

弱者は差別化であり、独自の市場を作ることですからね。

満足度アップの方法を紹介するのでぜひ参考にしてください。

  1. 強者(大企業)の満足度の高め方
  2. 弱者(中小企業)の満足度の高め方
  3. 商品価値を高めるときのキーワードは「教育」

1.強者(大企業)の満足度の高め方

まずは強者の戦略を知って、そこをずらした戦略を考える必要があります。

まずは敵を知るということです。

そもそもの話として、
満足度は以下の形であらわすことができます。

「商品価値-コスト=満足度」

※ここでの「コスト」とは値段だけでなく、購入の手間など
お客さんの負担になるものを総合的に含んでいます。

 

つまり、満足度を高めるには
「商品価値を高めるか」or「コストを徹底的に下げるか」
このどちらかが大事です。

それで大企業の特徴としては
コストを徹底的に下げています。

例えば、世界的に圧倒的な力を持つアマゾンは

  • 低価格
  • 送料無料
  • 即日配達
  • 豊富な品ぞろえ

と、あらゆる手間を省き、値段も安くしています。

ただ商品価値は、売っているそのものの価値のままなので、
ほとんど努力をしていないですよね。

ここに弱者が付け入る隙があります。

2.弱者(中小企業)の満足度の高め方

大企業はコストを徹底的に下げているので
弱者は商品価値を高めることに力を入れましょう。

商品価値を高めるためであれば、
コストは多少高くなっても問題ありません。

価値が高まる分、値段を高くしても
お客さんは満足してくれます。

 

むしろ、商品価値が高いならば
しっかりとお金を取った方がお客さんの満足度は高まります。

値段安い=そこそこのモノを使っている
値段髙い=いいモノを使っている

という認識を持っているので、
良いモノであれば値段は上げた方がいいです。

 

つまり、いかにして商品価値を高めるかが
今後の成功のポイントになっているのです。

3.商品価値を高めるときのキーワードは「教育」

商品そのままで勝負をすると、大企業に勝つことはできません。

そこで商品そのものの価値を高めるということも大事です。

ですが、世の中上には上がいるもので、
そう簡単に商品だけで高い価値を持たせることは難しいです。

例えば、美容師のカット技術と言った時に
上には上がいるもので、1番になることは難しいですよね。

そういったところを目指した気持ちはよく分かりますが、
技術や商品の価値は一定以上あれば、問題ありません。

 

それよりも大事なのは、
お客様とのコミュニケーションです。

コミュニケーションをとることで、
お客様とのつながりが強くなります。

すると、商品を選ぶときに他と比較されることなく
「あなたのところで商品を買いたい」と言ってくるようになります。

その時のコミュニケーション方法は雑談もありますが、
それよりももっと有効なのは役に立つ情報を教えることです。

例えば、

  • 洋服を売った時に一人一人に正しい手入れの仕方を教える
  • 花を売った時には、その花の育て方を教える

など、商品に関係して役に立つことを教えてあげるのです。

 

また、問題が起きた時に相談できるようにするのもいいでしょう。

例えば、

  • 洋服にシミができた時にお店に相談できる
  • 花の元気がなくなった時に相談できる

こうなったら、お店のことを信頼しますよね。

信頼関係を結ぶことができれば、
次に商品を買う時に自然とあなたのお店を選んでくれます。

 

ちなみに、お客様一人一人への教育は
手間でコストがかかるので大企業はやりません。

また、お客様に何かを教えられるようになるには
様々な知識を身につける必要があります。

それは簡単なことではありませんが、その努力をすることで
他と差別化を図ることができ、他のお店と比べられることがなくなるのです。

面倒なことは多くの人はやりたがりませんが、
面倒なこと、やりたくないことを積み重ねることで
周りよりも一段高い所に立つことができるのです。

まとめ

弱者の満足度の高め方は
教育を意識してお客様の悩みに答えるようにする

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す