一点集中で差別化を図る時に外してはいけないポイント

一点集中

こんばんは、相原です。

今回も前々回に紹介したランチェスター戦略について
深堀をしていきます。

小さな会社は弱者の戦略を取るべきで
一点集中させることで、売上アップに繋がります。

このときどの点を突き抜けるかによって
売上アップの度合いに違いが出てきます。

今回は一点集中の方法について説明していきます。

  1. 一点集中のランチェスター戦略によるお店の突き抜け方について
  2. 得意分野とニーズが一致するものを見つける方法

1.一点集中のランチェスター戦略によるお店の突き抜け方について

余計なものをそぎ落とし
一点集中させることで、お店の魅力が輝くようになります。

鋭い槍みたいに大きな盾を貫くような攻撃力があるのですが
一点集中させるポイントを間違えると大変なことになります。

例えば、ランチェスター戦略の動画内でも解説しましたが
地域に主婦が多いのに、男性向けの商品に一点集中させる

と言うのは、あまりよろしくありません。

あくまでどの点を輝かせるかはお客様ベースで考える必要があります。

 

ただお客様ベースで考えることは大事ですが、
一点集中で突き抜けることができなければ意味がありません。

自分の力不足で中途半端なものを作っても、
ライバル店に差を作ることができずに埋もれてしまいます。

そこで重要なのが、
「自分の得意分野」と「お客様のニーズ」が一致するポイントを見つけるのです。

図で表すとこんな感じで、2つが交わっているところです。

2en

このポイントを見つけることができれば、
自分の力を発揮し、お客様を喜ばせることができるので
仕事の充実度も上がるだけでなく、お店の売上アップにも繋がります。

2.得意分野とニーズが一致するものを見つける方法

ランチェスター戦略の力を最大に発揮するには
2つのポイントが交わっている部分を見つける方法があります。

これを見つけるには、直接試すしか正確には分かりません。

ある程度予想はできても、外れることはありますからね。

日々試行錯誤するしかないのです。

そんな辛いことを乗り越えることで、
本当の意味で周りのお店と差別化を図ることができるのです。

 

一致するポイントを探っていくにあたって
一番見つかりやすい方法を紹介します。

それは

今いるお客様の中で、一番大事にしたいお客様に
自分が持っているものすべて使って喜ばしてみることです。

一番大事にしたお客様であれば、
そのお客様のことを理解しやすいのでニーズを探りやすいのです。

そのお客様に自分ができることを可能な限りすべてやってみるのです。

そして、その反応を見てみるのです。

反応がよければ、成功ですし、
反応が悪ければ、失敗です。

これは試行錯誤するしかないので、地道に試してください。

まとめ

一点集中では得意分野とニーズが一致する点を見つけて
その点を強化することを心がける

そうすることで、お客様に喜ばれやりがいのある仕事になりますよ。

 

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す