あなたのお店の存在意義・存在価値ってなんですか?

存在価値

「あなたのお店の存在意義ってなんですか?」

この質問に答えられるようになると
「あなたのお店がなくなったら困る」
という人が現れるようになります。

そうなれば、はっきり言って
ビジネスでうまく回すのは簡単です。

何でも屋よりも、何か特化したお店

はっきり言ってお店の存在意義が
「何でも屋です」はよくないです。

そんなのはコンビニにでも
任せておけばいいのです。

というよりも、何でも屋みたいなお店では
大企業に勝つことは難しいですね。

地域ビジネスレベルの小さいお店だからこそ
できることがありますし、勝てる部分があります。

その時に、大事なポイントは
何かに特化させるということです。

尖らせれば尖らせるほど、
あなたのお店の魅力は増していきます。

小さいお店ほど、自分のお店の役割を明確にする

「何でもやります」という姿勢は
お客さんにとって、喜ばれることだと思いがちですが、
そうではありません。

それは

「自分たちにできることがないので、
お客様の言うことを聞きます。」

と言っているのと同じようなものです。

つまり、遠まわしに自分たちに価値がないと言っているのと同じなのです。

 

それでは、一時的にうまくいっても
いいように扱われて、すぐにお客さんが離れていってしまいます、

それよりも、
「うちのお店はこういったものを提供しています」
と自信を持って言っているお店の方が、魅力的に感じますよね。

そして、提供しているものに魅力を感じた人が
リピーターとなってくれます。

なので、小さいお店ほど自分の役割を明確にし
魅力を感じてくれる人を集めるようにしましょう。

やらないことを決める

お店の役割を明確にするときには、
やることを決めるよりも
「やらないことを決めた方がいい」です。

やりたいことって意外とすぐに多くなるんですよね。

気が付いたらメニューが増えていることってないですか?

やりたいことで決めてしまうと
そういったことに陥ってしまうことがあるので、
やらないことを決めた方いいです。

 

「これはやりたくない」というのを決めていくと
結果的に本当にやりたいことだけが残ります。

初めのうちは、やらないことを決めるというのは
勇気がいることだと思います。

しかし、その試練を乗り越えることで
必ず違う景色が見えるので、他とは違ったお店になるのです。

まとめ

お店の存在意義を決めることで
魅力あるお店になり、リピーターが付きやすくなります。

何かに特化させる場合には、
やりたいことで決めるよりも、
やらないことを決めるようにしましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す