価格競争で専門家はいなくなる?専門家の生き残り方とは?

専門家

こんにちは、相原です。

昔から美容師は飽和しているなんて言われていますが、
なるのが難しい弁護士まで飽和しているなんて言いますよね。

これから日本の人口がどんどんと減っていく中で
専門家は、非常に生き残りにくいです。

専門家同士で戦わなければならないので、
どうしても高いレベルのものが要求されます。

また、これからはロボット化の流れもあるので
あらゆる仕事がロボットに奪われる可能性があります。

すると、余計に専門家の価値が下がり価格競争が起こりやすくなりますね。

 

この流れはどんどんと進んでいくので、
生き残るためには今のうちから準備をしておく必要があります。

今回はそのために必要な考え方と紹介していきます。

ジャンルにとらわれないようにする

資格を取って専門家になると
多くの人はそのスキルだけでビジネスを行おうとします。

でもこれからの時代、1つのスキルだけで戦うのは非常に難しいです。

 

そこで、自分の持っているスキルのジャンルにとらわれずに
お店を経営していくことが大事です。

はっきり言って、

美容室だからと言って
「髪の毛を切るお店」である必要はありません。

弁護士事務所だからと言って
「法律相談をするお店」である必要はありません。

飲食店だからと言って
「食事を提供するお店」である必要はありません。

スキルはただの道具

スキルというのは、
何かを叶えるための道具でしかないのです。

お客さんは別に道具に興味があるわけでなく、
どんな変化が得られるのかに興味があります。

お客さんが望む変化を叶えるお店を構えて
商品に自分の持っているスキルを使うのです。

 

例えば、分かりやすい例を使うと

「健康になりたい」という人に対して
健康的な食事を提供するのが一般的な飲食店です。

しかし、健康的な食事を提供するだけでなく、

健康的な食事には何が大事なのか?
作るときのポイントは?

などを教える料理教室を開いてもいいと思いませんか?

食事は毎日食べるものなので、
お店でだけでなく、家でも食べれるようにした方が
お客さんはより健康になれますよね。

 

このように健康をテーマにしたお店を作れば
料理そのものを提供するだけでなく、
料理教室を開くこともできるわけです。

また、体のいい食べ物を売ってもいいですし
健康というくくりにすれば、健康グッズも売れます。

こんな風に自分の持っている一つスキルに
固執する必要はないのです。

それよりも別の知識を身に着けて
組み合わせることによってユニークなお店を作る必要があります。
(例 健康×料理)

 

もちろん健康的な料理では
正直、ユニーク性は弱いです。

なので、あなただけのテーマを見つける必要があります。

ユニークなものを作れば
そう簡単に周りのお店に真似されることもありません。

また、周りのお店と違うものを提供しているわけですから
価格競争に巻き込まれる心配もありませんよ。

まとめ

これからの時代は専門家のスキルだけで
生き残るのは難しいです。

そこで、自分のスキルにこだわるのではなく
他の知識と組み合わせてユニークなお店を作るようにしましょう

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す