あなたは薪を14万円で売る方法を知っていますか?

14万円の薪

こんばんは、相原です。

ちょっと面白い動画を見つけたので、
今回はその動画を紹介します。

こちらの動画は1本1200ドル(約14万円)もする
上質な薪を作る職人の作業工程の動画となっています。

日本語での説明はこちらの記事参照(無理に見る必要はありません)
http://gigazine.net/news/20150916-firewood-maker/

 

早速ネタバレをすると、
これはパロディ動画で実際に高級薪を売っているお店は存在しません。

 

でも、この動画から学べることは多いです。

 

いわゆる職人のような人たちは
本当に細部にわたってまでこだわりを持っています。

そのこだわりを実現させるために、
相当な労力と時間をかけていることだと思います。

しかし、

僕ら消費者にはそのこだわりの部分が見えていません。

いきなり高額な値段を見せられても
どうしても「そこまで価値はあるの?」と思ってしまいます。

「薪を14万円」なんていわれたら普通そう思いますよね。

しかし、

そこまでの価値がないと思われてしまうから、売れないのです。

 

そのため泣く泣く値段を下げてしまう人も多いですし
値段を下げた結果、クオリティを維持することができずに
中途半端なものしか生み出すことができないなんてことにもなります。

それでは、せっかくのこだわりがもったいないです。

そこで大事なのは、

どこまでこだわりを持って仕事をしているのかを見せることです。

今回紹介したように、動画で仕事の様子を撮るのも一つの手段です。

「動画を撮るのが大変そうだ。難しそうだ。」

と思うのであれば、写真+文章でもいいですし
形は何でも大丈夫です。

そうやってこだわりを見せることで
高い値段で売ってもお客さんは納得するのです。

「そこまで手間、暇かけているなら納得だ」

という感じで。

 

薪の動画のようにひたすら作業を見せるでもいいのですが
よりお客さんにこだわりが分かりやすいように、
作業工程の説明をしてあげるとより効果的です。

  • なぜ薪の表面を整えるのか?
  • しょうがをこするのはなぜか?
  • 水で洗うのはどんな意味があるのか?

など、素人が見てなぜやっているのかが分からなければ
せっかく説明しても意味がありません。

無駄なことに力を入れられて、
高い値段を付けられても納得できないですからね。

まあ、薪の場合はパロディ動画なので、
どこまで大事な作業工程なのかが不明ですけど。

 

こういったように自分たちがやっていることは
なるべく表に出したほうがいいです。

伝える努力をしなければ、どんなこだわりもないのと同じですからね。

まずは今いるお客さんでもいいので、
伝える努力をしていきましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook12Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す