お店の制服は統一したほうがいい?服装規定は?

制服

大手の企業では制服を用意しているところが多いですが、
地域ビジネスや中小企業では制服を用意していないところも多いですよね。

制服を用意するとなると
それなりにコストもかかるというデメリットがあるので、
小さい会社ではなかなか導入しにくいという点もあります。

しかし、お店の制服を統一することで
プラスの効果も大きいので、余裕がある場合は
導入したほうがいいですよ。

この記事では制服を作るメリットについて説明していきます。

服装はお店の世界観を表わす一つのアイテム

小さなお店だと、服装に対してはあまり気を使っていないところが多いですが
店員の服装もお店の世界観を表わすものです。

あまりにお店のコンセプトと違うと
違和感しかないので、やめた方がいいでしょう。

 

例えば、「癒しの空間を提供します」みたいなことを書いてあるお店で
短パンにアロハシャツを着ている人がいたら、変な感じしかしませんよね。

せっかく癒されに来たのに、ハイテンションな感じになってしまいます。

 

打ち出しているコンセプトとの違いがあると
期待していたものと違うものが出てくるので、
お客さんの満足度が下がってしまいます。

それよりも、ピシッとした制服を着ている方が
もてなされている感じがするので、印象もよくなるでしょう。

 

また、服装までこだわる意識を持つことで
高いレベルで気を使う意識を持つので
自然とお店全体にまで気を使いやすくなりますね。

高い意識を持っていれば
よりお店のコンセプトを再現できるようにもなるので、
制服を導入してみるのもありだと思います。

公私の切り替えがしやすい

お店で決まった服装が用意されていると
公私の切り替えがしやすいです。

どうしても私服だと、頭の切り替えが難しく
仕事とプライベートがごちゃごちゃになりやすいです。

すると、仕事への姿勢も変わってくるので
公私の切り替えがしやすいようにしてあげるのも大切です。

特に接客業の場合は、お客さんの前に立つので
プライベートの意識のまま出るのは危険です。

従業員が変なものを着てくる心配がない

制服がなく私服でOKという風にしていると
従業員が変な服を着る場合もあります。

もちろん注意などをすれば、
きちんとしたものを着てくると思いますが、
服にポリシーがある人は反発しやすいですよね。

それならばいっそのこと制服を用意したほうが
反発も少なくなりやすいです。

仕事中ぐらいなら我慢できますからね。

まとめ

お店の理念やコンセプトが決まっているのであれば
それを表現できるような制服を作ると非常に効果が高いです。

また、服装に関する余計なトラブルが発生することも防げるので
お金に余裕がある場合は、導入したほうがいいですよ。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す