ブランディング戦略はイメージが大事?売上アップの秘訣とは?

ブランディング

ブランディングには
高級ブランドをイメージする人が多いですが、
高級だけがブランドではありません。

ブランドについての正しい認識を持つことで
ブランディング戦略を有効に使うことができます。

 

また、ブランディング戦略は大企業だけのものではなく
中小企業や地域ビジネスでも応用できます。

むしろ、弱者ほど独自のブランディングが必要ですね。

しっかりとしたブランドを作れば、
それだけでライバルと差別化できます。

そうすれば、自然とあなたのお店が選ばれるようになり
ファンで溢れるお店を作れます。

そこでブランディングの考え方や作り方を紹介するので
ぜひ参考にしてください。

この記事の内容とは別にブランディングについて解説したので
まずはこちらを見てブランディングの基礎知識を身につけてください

ブランドの重要な考え方

「○○(お店の名前)と言ったら?」

この答えになるのが、ブランドの一要素です。

例えば、
ルイヴィトン、グッチ、エルメスなどには
「値段が高い」というイメージがあるので、
高級ブランドと言いますね。

 

さらに「高級」にもイメージってありますよね。

例えば、「希少価値が高い」とか。

すると、

「ルイヴィトン=高級=希少価値が高い」

→「ルイヴィトン=希少価値が高い」

という風になるのです。

これがブランドの正体です。

 

ブランドに繋がるもののイメージが
会社・お店・商品のイメージとなるのです。

これをある程度狙ってやる必要があります。

 

ただ、狙ってやるのですが、
厳密なことを言うと完ぺきに操作することはできません。

なぜなら、人によって
どんなものをイメージするか違うからです。

例えば、みずほ銀行は「青」のイメージがありますよね。

そしたら、人それぞれの中の「青」のイメージが
さらにみずほ銀行と繋がります。

青に「清潔」というイメージがある人ならば
みずほ銀行も清潔のイメージがつきます。

しかし

青に「不調(青ざめている)」というイメージの場合は
みずほ銀行も不調というイメージがついてしまいます。

このように人によって
イメージするものが違うので完全に操作することはできません。

 

なので、お店のブランドの要素が
なるべくプラスになるようにすることが大事です。

人気の高い、好感度の高い芸能人がCMに使われているのも
こういった理由があるからです。
(好感度の高さを受け継ぐことができる)

ブランディング戦略を組むときには
なるべく良いイメージを持つものと繋げるようにしましょう。

ユニークなブランディングで高利益率ビジネスを作ろう

ユニークなブランディングをすることで
周りにはないお店になるので、価格競争に巻き込まれません。

しっかりとしたものを提供すれば
値段を高くしてもお客さんが来るようになります。

 

それでユニークなブランディングを作りたいのであれば
ライバル会社とは違うものとあなたのお店を繋げましょう。

周りと同じブランドが構成されるようになると
価格競争に巻き込まれてしまいます。

 

その分かりやすい例は、牛丼のチェーン店ですね。

吉野家、すき屋、松屋とありますが、
正直同じようなブランド(イメージ)じゃないですか。

そのため差別化を図ることができずに
価格競争をするしかないのです。

一度ブランドが作られてしまうと
それに反することをやると、違和感が出るのでうまくいきません。

早い段階で、方向をずらすようにしましょう。

ブランディング事例(カフェ:ラテアートのお店)

「コーヒー」と「話題の人・キャラクター」
を繋げているお店があります。

話題の人やキャラクターであれば、
それに対して好印象を持っている人が一定数います。

その好印象をお店に移していますよね。

 

単純にきれいなラテアートを描くのもいいですが、
独自のブランディングを作りたいのであれば
周りのお店が描いていないものを書きましょう。

まとめ

ブランディング戦略はどのお店でも実行できます。

ユニークなブランドを作ることができれば、
価格競争に巻き込まれることなく、自由に経営することができます。

ユニークなブランドを作るために
普通は繋げられないようなものを繋げられるようになりましょう。

 

少しでも役に立った時には、シェアしてください。

もっと多くの人に役に立てるとうれしいので。

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

おすすめ売上アップ講座

美容室・エステサロン・ネイルサロン・整体院・カイロプラクティックなどのサロン系、歯医者・動物病院などの病院、居酒屋・カフェ・パン屋・ラーメン・レストラン・焼肉・うどん・そば・バーなどの飲食店、私塾や英会話教室などの教育関係など、どんなお店にも通用する話をしています。

kijisitastep1 kijisitastep2 kijisitastep3

コメントを残す